結婚式の受付を頼む人がいない時!兄弟やいとこに頼む?

結婚式の日取りが決まったら、徐々に細かいことを決めていきますね。招待客、招待状、料理、引き出物、結婚式の司会、受付、余興、二次会の幹事・・・などほかにも細かくたくさんのことを決めていきますが、なかなか決まらない事項もでてきて困ってしまうことも!?

 

ここでは、結婚式当日の受付係が決まらない時、誰に頼めばいいのか?兄弟やいとこでもいいのかについて紹介していきます!

結婚式で受付を頼める人がいない!

 

結婚式の受付係は、招待客が一番最初に会う人で、式の印象が決まってしまうともいわれています。

受付の方にしてもらうことは主に

・招待客に挨拶をする

・祝儀を受取る

・芳名帳に記帳してもらう

 

ご祝儀を預かってもらうから信頼のおける人物、招待客の第一印象が決まることから言葉遣いやマナーがちゃんとしている人物を選びお願いします。

 

受付係をお願いするのは学生時代の同級生が多く、会社の同僚の方も。

友人や同僚に頼めればいいのですが、遠方から呼ぶので頼みずらい等、諸事情で頼める人がいない場合があります。

 

結婚式の受付、兄弟やいとこに頼んでもいいの?

受付を頼むのは友人や同僚に限らず、兄弟やいとこにお願いすることもあります。

受付を誰がするのかという決まりはありません。

ご祝儀を預かってもらう、信用できる人なら頼んでいいものです。

 

式場のスタッフの方が受付を引き受けてくれればいいかと思いますが、

お金を扱うことから、式場の方は受付を引き受けないそうです。

 

もし、親戚にも頼める人がいない、どうしてもみつからないという時は、式場の方に相談してみてくださいね。

 

結婚式の受付の頼み方

 

頼む時は招待状で打診します。当日受付してもらいたい旨のメッセージを付箋に記します。

もし、わかっていれば、来て頂く時間や受付してもらう人数、受付を一緒にしてもらう人は誰なのかなど知らせておきましょう。

人数の目安

受付の人数は、招待客が行列になって待つことがないように

招待客70人くらいの時は、新郎新婦各1名ずつ合計2名

招待客100人以上の時、新郎新婦2名ずつ合計4名

くらいだといわれています。

 

お礼

結婚式の受付のお礼の相場は3000円~5000円

受付を始めた時や、受付終了後祝儀を渡しにきた時に両親から渡すとのこと。

基本は現金ですが、ギフト券、商品券、食べ物(スィーツがおすすめ)を渡してもいいと思います。

 

♬     ♪     ♬

 

【まとめ】

 

・結婚式の受付は誰がやった方がいいという決まりはない。

・友人、同僚に頼むことが多いが兄弟やいとこにお願いすることもある。

・親戚にも頼める人がいない時は、式場に相談してみる。

 

受付をしてもらう人は信頼できる人(お金を扱うので)だったら、誰に頼んでもいいみたいですね。

 

スポンサーリンク
結婚
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました