新品みたいになる?スマホシリコンケースの汚れと黄ばみの落とし方!

スマホといえば、傷つけないためにもケースは欠かせませんよね。

その中でも、シリコン素材のケースを使っている方が多いと思います。

 

ですが、シリコンといえば使い心地はいいけど汚れやすいです。

ふと見てみると、埃がついていたり、汚れ・黄ばみなんかが目立ちます。

 

今回は、スマホのシリコンケースの汚れや黄ばみの落とし方をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

スマホのシリコンケースの汚れの落とし方!

 

まずは、スマホの汚れの原因についてご紹介します♪

 

シリコンゴムというのは、石油が原料で作られています。

そのため、使い続けると油脂成分が溶けてしまいベタベタが発生してしまいます。

 

その他には、空気中の水分と手の皮脂が反応することによって、加水分解します。

その化学変化が起こると、ベタベタやヌルヌルします。

 

簡単に言うと、

・長年使うとシリコンの成分によりベタベタになる

・皮脂が付くことで、ベタベタ・ヌルヌルになる

ということですね~!

 

汚れを落とす方法について

 

シリコンケースは石油が原料!?と思うと難しく考えますが、とても簡単です♪

ベタベタはアルコールで良く溶けます。

 

なので、

・無水アルコールをティッシュなどに含ませて拭く

・消毒用ウェットティッシュで拭く

だけでOKです!

簡単にキレイにできるのがわかれば、使いやすいですよね♪

 

そして注意することは、シリコン素材は直射日光に弱いです。

直射日光に当たることによって急激に劣化が進みます。

なるべく、直射日光には当てないようにするのがいいでしょう!

 

スポンサーリンク

スマホのシリコンケースが黄ばみの落とし方!

 

シリコンケースの黄ばみの原因は、2つあります。

1つ目は、紫外線による黄ばみ。

2つ目は、シリコン素材自体の劣化による黄ばみ。

 

紫外線によるものは対処できますが、残念ながらシリコン素材の劣化の黄ばみは落とすことができないので注意しましょう。

どちらかの黄ばみを見分けるのは難しいと思うので、とりあえず試すといいと思います!

 

ということで、紫外線による黄ばみの落とし方をご紹介します♪

1.酸素系漂白剤を水で溶かす(5:5)

2.溶かしたら、シリコンケースを漬けておく

(この時、直射日光に当たる所に置きましょう。ブラックライトでもOKです。)

3.置き終わったら、水で良く洗って流す

 

漬ける日数が少し長いですが、家でも簡単に黄ばみを落とせます。

紫外線による黄ばみであれば、落とせるので試してみて下さい♪

 

スポンサーリンク

さいごに

 

スマホのシリコンケースの汚れや黄ばみの落とし方をご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

汚れと黄ばみはそれぞれ原因があることがわかりました。

 

汚れは、無水アルコールか除菌ウェットティッシュでキレイにできますよ♪

黄ばみは、原因にもよりますが酸素系漂白剤に漬けるだけOKです♪

 

スマホの汚れや黄ばみが気になる方は、是非試してみて下さい!

スポンサーリンク
洗濯
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました