ダウンのジャケットやコートはクリーニングに出さない?出す?

冬物のコートなど、皆さまはどのように洗っていますか?

 

クリーニングに出す人、自宅で洗う人、洗わない人、など様々だと思います。

 

コートは一般的に少しお高いもので、何年も使うものですから、正しいお手入れをして長持ちさせたいですよね。

 

なのでここではコートの正しいお手入れ方法や保存方法などをご紹介したいと思います。

 

 

ダウンジャケットやコートはクリーニングが必要なの?

そもそもダウンジャケットやコートはクリーニングに出す必要があるのでしょうか?

その答えは、コートの種類によって違います。

 

コートの中には自宅で洗えるものもありますので、必ずクリーニングに出さなければいけないという訳ではありません。

 

大切なことは、汚れたコートをそのまま長期間放置しないという事です。

 

特にシーズンが終わった後に、コートを洗わずに仕舞うのは、コートを痛めてしまいます。

シーズンを通して使用したコートは、見た目的に目立つ汚れがなくとも必ず汚れが蓄積しています。

外に出る時に一番外側に来るのですから、汚れていない訳がありませんよね!

 

また、使用頻度は毎日か一日おきなど連続して使用することがほとんどです。

 

こうして溜まっていく汚れを、しっかりと綺麗にするようにしましょう。

 

自宅で洗えない物や、自宅で洗えても不安な場合は、必ずクリーニングに出しましょう。

 

どのくらいの頻度でクリーニングに出せばいい?

クリーニングに出した方が良いと言われても、クリーニングはお金がかかってしまいますからそんなに頻繁に出したくないものですよね。

 

しかもコートになるとある程度の金額になってしまいます。

皆さんはどのくらいの頻度でクリーニングに出しているのでしょうか。

 

基本的に1シーズンに1回出す人が多いのです。

 

つまり、1シーズン着た後にクリーニングに出して収納する、と言う事です。

シーズン中は除菌スプレーなどでお手入れをして乗り切るという人も多いです。

クリーニング代やコートの替えの事などを考えると、これが最も現実的な回数と言えるでしょう。

 

一方、クリーニング屋さんが推奨する「中間洗い」というものがあります。

簡単に言うと、1シーズンに2回クリーニングに出すという方法のことを言います。

 

シーズンの真ん中で汚れが溜まってきたときに1回、シーズン終わりに1回です。

こうすることで汚れの沈殿や型崩れを防ぎ、清潔に長持ちさせることが出来るのです。

 

長く使う事が多いコートですから、特に大切なものなどはこの中間洗いをしてみてはいかがでしょうか。

 

ですが、この中間洗い、1つ注意点があります。

それは、コートの替えがあるかどうかです。

 

1着しか持っていないのにクリーニングに出してしまうと替えがない、なんてことになってしまいます(>_<)

シーズンの真っただ中ですからそれは現実的に不可能です。

 

コートを複数持ってローテーションして着ることもコートを傷めない有効な手ですので、それも含めて複数個持つのもいいかもしれませんね。

 

 

ダウンは家で洗える!洗濯の方法は?

 

ダウンジャケットは自宅で洗えないものだと思っている方が多いと思います。

ですが実はダウンジャケットの中には自宅で洗う事が出来る種類があるのです!

生地の表面が水洗いできる素材であれば、手洗い不可のマークがついていても自宅で洗うことが出来ます。

 

羽毛は浮いてしまうので洗濯機ではうまく洗うことが出来ません。

なので、洗濯機を洗い桶代わりにして手洗いをします。

 

この時に気をつけたいことは手早く済ませることです。

時間が経って水が染み込んでしまうと、羽毛が固まってしまうのです。

手早く済ませることで、水が羽毛に染み込んでしまう前に洗い終えることが出来るので、ダウンのふんわり感を保つことが出来ます。

 

ではダウンの洗濯手順を説明します。

 

洗濯手順

①フードを外し、襟や袖口の汚れを落とす

フードがついている場合は外しておいて別に洗います。

ファスナーを閉めて、襟元や袖口の汚れがひどい場合は、おしゃれ着用洗剤を溶かした液体をスポンジやタオルに染み込ませて軽く叩くようにしてあらかじめ汚れを落としておきましょう。

②洗濯槽を洗い桶代わりにして押し洗いする

選択層にぬるま湯を入れ、おしゃれ着用洗剤を溶かして押し洗いします。

羽毛は中々水を吸わないので、手で押さえて吸水させます。

 

③すすぎと軽い脱水を2~3回繰り返す

水を排水して軽く脱水機にかけます。

そのあとまたぬるま湯ですすいで再び脱水。これを2~3回繰り返します。

浴槽でシャワーを使って洗い流してもOKです。

脱水すると羽毛が偏るので、1分程かけたら一時停止してほぐすようにしましょう。

 

④風通しの良い場所に干す

 

脱水機から取り出したらハンガーにかけて羽毛に空気を入れるようにして形を整えてから、風通しのいい日陰に干します。

羽毛が湿ったままの状態が長く続くと匂いの元になってしまいます。

乾燥機を使ってもふんわりと仕上がります。

 

☆     ☆     ☆

 

私はウォッシャブルタイプのダウンジャケットを愛用していますが、

実は上記のように丁寧に洗っていません爆

 

ネットに入れて、洗濯機のドライコースで、中性洗剤で洗っています。

風通しのよい日陰に干しておけば、ふっくらダウンに元通りです(^^♪

 

お手持ちのダウンによっては、荒っぽい(笑)洗濯方法にも耐えられるものもありますので、洗濯表示マークをチェックしてみてくださいね♬

 

[quads id=1]

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

目に見えないとしても、コートには汚れがついてしまいます。

子の汚れを放置するとシミや虫食いなどの原因にもなってしまいます。

シーズン終わりにクリーニングに出して収納するのが、コートを長持ちさせるコツです。

 

また、自宅でも洗うことが出来ますが、少し手間がかかってしまいます。

少しでも不安がある場合はクリーニング屋さんに頼みましょう。

 

こまめにお手入れをして、コートを綺麗に長く着てあげましょう!

スポンサーリンク
洗濯
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました