明日履きたい!靴を早く乾かす乾かし方と置き方は?

靴の汚れが気になって勢いで洗ったものの、明日履く靴がこの靴しかない!?なんて時、めちゃくちゃあせりますよね(^^;)

そんな緊急事態の時のために、靴を少しでも早く乾かす方法と、干すときの靴の向き置き方を紹介します!

靴を早く乾かすにはどうすればいい?

靴を早く乾かす方法を紹介します。

 

まず、靴を洗って乾かす前には、水気をタオルでふき取ります。それから、下記の方法をやってみてくださいね。

 

スニーカーなど布の靴は洗濯機の脱水を使っても早く乾かせます。

洗った靴はタオルドライしてから、1足ずつタオルにくるんでゴムでとめて、洗濯ネットにいれます。

1~3分くらい脱水をかけてから、下記の方法をやってみてください。

 

 

新聞紙をつめる!

新聞紙は吸水性に優れているので、靴を乾かすのにとっても適しています。

もし、新聞紙がなければキッチンペーパーでもOKですが、新聞紙の方がコスパがいいですね。

 

新聞紙をつま先の方に詰めて、隙間がないようにうめていきます。

時々チェックして、新聞紙が水を含んでいたら、新しいものと取り換えます。

シューズハンガーにつるして干します。

 

シューズハンガーは100均でも売っていますし、針金ハンガーをクイッと曲げて使ってもいいです。

 

乾燥剤を使う!

乾燥剤、海苔やおせんべいと一緒に入っている「食べられません」と表示がある袋入ってますよね。

100均でも売っています。

乾燥剤だけでは、靴を乾かすにはちょっと力不足なので、新聞と併用する、補助的なものとして使えます。

 

使い捨てカイロ

使い捨てカイロも靴の乾燥に使えます。

水気をふいた靴に、使い捨てカイロを入れておくと、発熱効果で乾燥してくれます。

カイロのいいところは、新聞紙のように途中で交換しなくてもいいところ!

ただ、新聞紙はタダですが、カイロは少々お金はかかります。

 

風をあてる!

洗濯ものも、風あてると乾きますが、靴も一緒です。

扇風機やサーキュレーターの前において風を当てます。

ドライヤーの温風だと早く乾きます。冷風でも温風ほどではないですが、乾きます。

 

※カイロやドライヤーの温風などで乾かすと、乾きが早いのですが、熱で靴の接着面が剥がれたり、靴の素材によっては傷む可能性もあるので注意してくださいね。

 

靴の乾燥機を使う!

靴の洗濯、乾燥の出来るコインランドリーがあります。

洗濯は20分200円、乾燥は20分100円です。

お金はかかりますが、手間はかからないしいいですね♬最寄りのコインランドリーに機械があるかチェックしてみてください。

 

お子さんの靴をしょっちゅう洗うご家庭でしたら、靴の乾燥機の購入もアリだと思います。

これ革靴も乾かせるし、欲しくなりました(^^♪

 

長靴&ブーツ・長さのある靴は?

長さのある靴はさかさまにして干します!

水気を取った靴のつま先に新聞紙を詰めます。

水を入れたペットボトルや、空き瓶などを使って、さかさまにして干します。

 

通気性のいい場所に干して、時々新聞紙を取り換えて吸水します。

 

以上、靴を早く乾かす方法でした。

次は、靴を干すときの干し方や向きを紹介します。

靴の干し方や向きは?

靴を干す時、つま先が上か?かかとが上か?迷いませんか?

 

置いて干す時も、シューズハンガーを使う時も、つま先が乾きにくいので、つま先を上にして干します。

シューズハンガーを使って干すと、靴に風が当たりやすくなって、早く乾きますよ!

 

 

 

♬     ♪     ♬

水気をよくふき取ってから、新聞紙で水気を取り、扇風機やドライヤーで乾かすのが一番楽でお手軽にできますね。

お急ぎの時、試してみてください(#^.^#)

 

 

スポンサーリンク
洗濯
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました