【マフラーの洗濯】洗濯表示マークがないものの洗い方は?

冬になると必須のマフラー。

冬になると汗をかかなくなるので

汚れるイメージがあまりないですが

実はマフラーには首まわりの皮脂や

ファンデーションなどのメイク汚れが付いている可能性が高いです。

 

最低でもシーズン終わりに1回は洗濯したいものです。

しかし中には洗濯表示がないマフラーもあり、

どうしたらいいか困っている人もいるのではないかと思います。

 

洗濯して縮んでしまったり、

硬くなってゴワゴワしてしまったらガッカリですよね。

そこで今回は

洗濯表示のないマフラーの洗い方についてご説明していきます。

 

洗濯表示マークのないマフラーの洗い方と干し方を教えます!

 

表示なしのマフラーは、洗濯機を使わない方がいいと思います。

もし洗濯機を使った場合、
素材によってはマフラーの形や触り心地も全く変わってしまい、

元どおりに戻らなくなってしまう可能性があるので

手洗いした方が安心です。

マフラーの手洗いの方法をお伝えします。

 

[必要なもの]
・中性のおしゃれ着用洗剤
・洗い桶
・ゴム手袋(肌の弱い方は使用しましょう)
・柔軟剤

 

[手順]
①.洗い桶に水温30度以下の水を入れます。
高い温度だと縮む原因になります!

②洗剤と畳んだマフラーを入れて15分間ほど浸しておきます。

③押し洗いします。
20~30回ほど衣類を手のひらで押したり、
持ち上げたりして、やさしく洗いましょう。

④水がきれいになるまですすぎます。

⑤洗い桶に柔軟剤を入れ、3分ほど浸します。

⑦押し付けるように絞ります。
できるだけねじって絞らないようにしましょう
30秒程度なら洗濯機の脱水を使っても大丈夫です。

 

[干し方]
陰干ししましょう。
普通にハンガーに吊るして干すと、
マフラー自身の重みで伸びてしまい、
型崩れの原因となる可能性があるので平干しがよいでしょう。

平干しする場所が無い場合は、ハンガー2本を使って
M字型になるようにし、重さを分散させながら干しましょう。

 

マフラーの洗濯!心配な時はクリーニングに出した方がいい

水洗い不可のタグがついているものは

クリーニングに出しましょう。

 

水洗い不可のマークがついているマフラーは水を使わずに

特殊な洗剤を使わないと汚れが取れないものになります。

 

普通のマフラーよりデリケートで縮みやすいので、

私たちが日常でつかう洗剤は使えません。

マフラーのクリーニングは、汚れが気になるときは月1回程度、

目立った汚れがないときはシーズン終わりに1回出すのがよいでしょう。

 

頻繁にクリーニングに出し過ぎると

かえって生地が傷むことがあるので注意しましょう。

マフラーのクリーニングの相場は大きさや素材にもよりますが

だいたい500~1,000円程度です。

特殊素材や装飾品が付いたマフラーは

クリーニングに出せないこともあるので、

事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

マフラーは洗濯に失敗すると

元に戻すのが難しいケースが多いので

心配な場合は水洗いするか、プロに任せるのがいいと思います。

水洗い不可の場合はクリーニングに出してくださいね。

スポンサーリンク
洗濯
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました