はまぐりを砂抜きしたけど開かない!腐ってる?食べたらダメ?

貝の季節になると、スーパーにはまぐりが販売され始めます。
せっかく買ってきて砂抜きをしたのに開かない…なんてことがあると思います。
開かないと食べられませんし、なんだか損した気持ちになります。

 

では、何故砂抜きをしても開かないのでしょうか?
というか、腐っているのかな?と心配になりますよね。

今回は、はまぐりの砂抜きで開かない理由や、失敗しない方法をご紹介します。

 

はまぐりの砂抜きで開かないと腐ってるの?

 

はまぐりの砂抜きで開かない理由は、3つあります。

 

1つ目は、砂抜きをしている場所が明るすぎるためです。
はまぐりは明るい場所においてあると、砂抜きが進みにくくなります。
なので、はまぐりの砂抜きをする際は、なるべく日の当たらない場所で行ってください。

 

ちなみに、はまぐりが死んでいると口を開くことはありません。
もちろん加熱処理しても開かないので、食べることも出来ません。
ということは、食べるとお腹を壊してしまう可能性もあるので、
無理に開いて食べるのは辞めましょう!

 

2つ目は、海水との塩分濃度が違うためです。
貝に適した塩分濃度は、水1Lに対して塩30gです。
貝はストレスが溜まると開かなくなるので、濃度を確認するようにしましょう。

 

3つ目は、水の温度が低すぎるためです。
傷みが心配になり冷蔵庫で砂抜きをする人がいますが、常温で砂抜きをして下さい。
水の温度が低いと開きにくくなります。

 

腐ったはまぐりの確認方法は?

腐ってしまった貝は、とにかくニオイがキツくなります。
もし開かないはまぐりがあった場合は、ニオイを確認してみましょう。
また、先ほどご紹介した通り、毒素が発生しているので処分して下さい。

 

ちなみに、開かないもの以外で、はまぐりの口が開きっぱなしのものもNGです。
最初に開きっぱなしのものがある場合は、取り除きましょう。

 

はまぐりの砂抜き!失敗しない方法は?

 

先ほどのポイントを踏まえ、
暗い場所、温度が低すぎない常温、塩分濃度を意識して砂抜きをして下さい。
もし、それでも開かない場合は腐っている可能性があるので、処分して下さいね。

 

基本的な砂抜きの方法

はまぐりの塩抜きが上手くできていないと

食べた時にジャリっとして嫌〜な感じになりますよね。

しっかり砂抜きしておきましょう!

 

1、 海水と同じ、3%の塩水を作る(1カップに小さじ1位)
2、 はまぐりをザルに入れ、塩水に浸す
3、 水は多すぎないように、少し顔を出すくらいに浸す
4、 新聞紙などを上からかぶせて、常温で3時間以上置いておく

これで砂抜きはOKです!
基本的には簡単なので、腐っていないかだけ確認してください。

 

時間がない時は50度洗いで!

ハマグリを買ってきてすぐ使いたい時は、早く砂抜きする方法があります。

50度くらいのお湯につけておくだけ!

5分ほどつけて、ぬるま湯でもみ洗いすればOKです。

 

お湯の温度が43度以下になると、雑菌の繁殖が気になるので気を付けるようにしてください。

あと、お湯を使うと日持ちが悪くなったり、旨みが逃げてしまうので、通常の砂抜き方法の方が美味しく頂けます(#^.^#)

ぬるぬるの粘液…大丈夫?

はまぐりから、ぬるぬるの粘液が出ることがありますが、大丈夫です!
はまぐりは、粘液が多い貝なのでぬるぬるが多いです。
基本的には腐敗臭がしなければ食べられるので、安心して下さい。

 

さいごに

 

はまぐりの砂抜きについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

砂抜きをする際は、暗い場所、常温、塩分濃度を意識してください。
腐っているものはニオイがするものなので、確認しましょう。

開かないもの、開きっぱなしのものは、腐っています。
毒素が発生しているので、処分して下さいね。

はまぐりの砂抜きをする際は、参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました