かまぼこはそのまま冷凍できる?正しい冷凍方法と解凍の方法!

かまぼこってなぜか余ってしまいますよね。

ちょっとしたおかずには丁度いいのですが…。

 

余ったかまぼこ、

捨ててしまうのはもったいない!

少しでも長く食べられるように、冷凍方法など知りたいですよね。

また、美味しく食べられるように解凍方法も気になります。

 

今回は、かまぼこの冷凍・解凍方法などをご紹介します。

 

かまぼこは冷凍出来る?そのまま冷凍する?冷凍方法は?

 

余った状態のかまぼこは、冷蔵庫で保存する場合は1週間ほどしかもちません。

少しでも持たせたいですが、冷凍かまぼこってあまり聞いたことがありませんよね。

調べてみると、冷凍は「できなくはない」という感じでした。

 

なぜかと言うと、かまぼこを冷凍すると、気孔のようなものができてしまいます。

穴がボコボコになる、と言うとわかりやすいと思います。

しかし、味には問題ないので煮込み料理やスープなどに使うといいとされています。

 

見た目が気にならないのであれば、冷凍してもOKです♪

 

冷凍方法について

傷つきのかまぼこの場合、

板から綺麗に外しましょう。

かまぼこと板の間に包丁の背の部分を入れて、

押し込むと・・・綺麗にはがすことができます。

多少残ることがあるかもしれませんが、気にしません( ´艸`)

 

板からはがしたら

かまぼこを薄切りし、ラップで包んでフリーザーパックに入れましょう。

なるべく空気が入らないようにして下さいね。

ちなみに、薄く切ることで気功が入りにくくなりますよ♪

これで冷凍はOKです!

 

冷凍かまぼこを食べる時の注意点!自然解凍した方がいいの?

 

解凍方法については、基本的に冷凍解凍です。

また、電子レンジで加熱してもOKですし、凍ったまま調理してもOKです。

美味しく食べたい場合は、じっくりと冷蔵解凍するといいでしょう。

 

ちなみに、かまぼこの冷凍での保存期間は、約1か月です。

味が落ちても構わなければ、もちろん数か月持ちますが、できるだけ早めに食べましょう。

せっかくなら、美味しく食べたいですよね。

 

かまぼこを冷凍して解凍すると、気泡のような泡が開いてしまいます。

いわゆる「す」が入ってしまい

食感が悪くなってしまいます。

そのまま食べるにはデメリットですが、

煮物にしたり、スープに入れたりすると、味が染み込みやすくなるので

美味しく食べられる!メリットになります。

 

かまぼこレシピ

 

冷凍かまぼこってどうも調理しにくいイメージがありますが、大丈夫です!!

 

【かまぼこの炒め物】

冷凍かまぼこを細切りにして

冷蔵庫にある野菜(ピーマン、もやし、人参など)と一緒に炒めます。

醤油、塩コショウ、みりんでさっと味付けします。

オイスターソースも合いますよ!

※私は醤油、みりんの代わりに納豆のタレで味付けしています。

納豆3パックにタレは1つしか使わないのでいつも余ります。

納豆のタレはダシがきいているし、薄味なので

おひたしにも煮物にも使えて万能ですよ♪

 

【かまぼこの磯辺揚げ】

てんぷら粉を溶いて、青のりを加えて溶きます。

1センチくらいに切ったかまぼこを衣にくぐらせて

180度に熱した油で揚げます。

 

他にもたくさんのかまぼこレシピが

COOKPADや楽天レシピなどにありますので

是非調べてつくってみて下さいね♪

 

まとめ

 

かまぼこの冷凍・解凍方法などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

お正月過ぎるとスーパーで安くかまぼこを売っていますよね。

安さにつられてつい買ってしまいます(^^;)

たくさん買ってしまった時は

冷凍するといいですね。

 

かまぼこの冷凍は多少の味の問題はありますが、気にならない方であれば冷凍してもOKです。

もし気泡が気になるのであれば、煮込み料理やスープに使うといいですよ♪

解凍する場合は、冷蔵庫でじっくりと解凍してくださいね。

 

少し余ってしまった時は、レシピなどを参考にして、作り置きしておくのもいいと思います。

 

かまぼこの冷凍・解凍方法に悩んでいる方は、是非参考にしてみてください☆

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました