衣類についた醤油の染み抜きのやり方は?時間が経ったものでも取れる?

外で美味しいお寿司を食べていて、うっかり醤油を服にたらしてした時、どうしますか?

濡れたティッシュでポンポンとたたいて、そのままにしておくと後から醤油のシミがなかなか落ちなかったりします(>_<)

今回は、服についた醤油の染み抜きの方法、時間がたった時やなかなか取れない時にはどうやって落とすかを紹介します!

 

衣類についた醤油のシミ抜き方法!

醤油やソースは水性で水に溶けやすい性質です。

水性の汚れは、家庭にある一般的な衣料用洗剤や、食器洗いに使っている台所用洗剤が使えます!

 

醤油のシミも付いてすぐだったら、部分洗いをしてから普通に衣料用洗剤を使って洗濯機で洗えば簡単に落とせる時があります。

 

使うもの

・台所用洗剤

・衣類用洗剤

・酸素系漂白剤(衣類用のもの)

・いらない布(タオルなど)

・古い歯ブラシ

 

醤油の染み抜き方法

①タオルの上に衣類のシミのついた部分を置きます。

②シミの部分に食器用洗剤をかけてなじませてから、歯ブラシでトントンとたたき、汚れをタオルに移すようにします。

③洗面器などに張ったぬるま湯で優しくすすぎます。

もし、あまり落とせてなかったら、もう一度食器用洗剤をかける→歯ブラシでトントン→すすぎ、を繰り返してみてください。

 

④だいたい汚れが落ちてきたら、普通に洗濯機で洗濯します。

 

醤油の染み抜き方法(頑固)

シミがついてから時間がたってないものは、割と容易に落とせると思いますが、ついてから時間がたったものは、衣類の繊維に付着してなかなか落ちなくなってしまいます。

 

なかなか取れない時は、衣類用の酸素系漂白剤を使います。

小さいシミだったら綿棒でピンポイントにつけていきます。

しばらく置いてから洗濯するのですが、放置時間が長いとそれだけ漂白する効果は期待できますが、色落ちする可能性もあります。特にデリケートな素材の場合、気を付けてくださいね。

 

外出先で醤油のシミを付けた時の対処法

上記の方法で醤油のシミ抜きはできますが、外でシミを付けてしまった時、応急処置をしておくことが大切です。

 

洗面所で、シミの裏側に汚れてもいいハンカチをおいて、もう一枚のハンカチを水で濡らしてつまむようにして、汚れを取ります。

乾いた布でポンポンと押さえて水分を取ります。

 

帰宅してから、早めに本格的にシミ抜きしてくださいね。

 

♬      ♬     ♬

 

気を付けていても、醤油で衣類を汚してしまうことはあります。うまく染み抜きできるといいですね。

 

 

スポンサーリンク
洗濯
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました