手洗い・洗濯機?洗える電気毛布の洗い方を紹介します!

寒くなってくると電気毛布を利用する人も

多いのではないでしょうか?

電気毛布は意外と電気代もかからず、

経済的な暖房器具です。

しかし長時間肌に触れるものなので

汗汚れとかダニとか気になりますよね。

できれば定期的にきれいにしたいものです。

そこで今回は電気毛布の洗濯の仕方についてご紹介します。

 

洗える電気毛布の洗濯方法は!

最近の電気毛布は洗うことができるものが多いです。

まずは自宅の電気毛布が洗濯可能なものか確認しましょう。

 

「丸洗い」と書いてあるなら洗濯機で洗ってOKです。

洗濯コースは「毛布コース」もしくは「手洗いコース」にしましょう。

 

他のものと一緒に洗うのは避けて、

電気毛布だけ洗うようにしてください。

 

手順についてですが、
まずは電気毛布を折りたたみます。

コネクタを差す部分は内側にくるよう畳みましょう。

当然ですが、事前にコントローラーや

コンセントはすべて取り外しておいてください。

畳んだら洗濯ネットに入れましょう。

洗濯機に30℃くらいのぬるま湯を入れ、中性洗剤を入れます。

洗剤が溶けきったら、ネットに入れた電気毛布を入れ、

洗濯しましょう。

脱水は1分程度にしてください。

脱水が終わったら、

風通しのいい日陰に干して自然乾燥をさせましょう。

 

これでおしまいです。

洗濯機を使う方法は楽ですが、

残念ながらドラム式の洗濯機はNGです。

 

ドラム式洗濯機の叩き付ける洗い方は、

電気毛布の故障の原因となります。

 

もし自宅の洗濯機がドラム式なら手洗いで

きれいにしましょう。

たらいや洗面台、もしくは浴槽に

30℃以下のぬるま湯を入れ、その中に中性洗剤を溶かし入れます。

折りたたんだ電気毛布をぬるま湯につけ

優しく押し洗いします。

洗濯が終わったら、

「柔軟仕上げ剤」を使って数回揉み

洗剤が残らないよう水で洗い流します。

最後に浴槽のふちや竿などにかけて水を切りましょう。

この時ぞうきんのように固く絞るのはNGです。

故障の原因になるので注意しましょう。

 

洗いたくない時は?電気毛布を洗わないで綺麗にする方法!

 

次は洗えないタイプの電気毛布をきれいにする方法です。

 

掃除機をかけて、ダニやほこりを取り除いた後で、

十分に水気を切ったタオルか布で電気毛布を拭いて

きれいにしましょう。

 

掃除機をかけるだけでも、

ダニ本体やその死骸、ダニの糞などを吸い取ることができ、

ダニ対策になります。

 

洗えないタイプの電気毛布は日頃のメンテナンスが

大事になってきます。

 

2週間から3週間に一度は

日当たりの良い場所に天日干しにしたり、

汚れを防ぐためにカバーをかけておいたり、

日ごろから汚れないよう工夫しておくといいですね。

除菌スプレーでのケアは手軽にできてオススメです。

 

まとめ

 

最近は洗濯できるタイプの電気毛布も増えてきました。

電気毛布が洗濯機できれいにできたら楽ちんですね。

ただ間違った洗い方をしてしまうと

故障の原因となってしまうので

必ず事前に取扱説明書を確認しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました