運転免許証の写真撮影での アクセサリーの着用ってOK?

身分証明書として最も使う機会の多い運転免許証。

自動車の免許証は1度更新すると

3年間もしくは5年間使い続けることになります。

 

できればきれいに撮りたいものですが、免許証の写真は一発勝負!

たいていひどい写りになることが多いですよね(^o^;)

では、少しでもきれいに撮るためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今回は運転免許証の写真を撮る際のルールやコツについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

免許証の写真でピアスとイヤリングなどアクセサリーはしても良い?

 

写真を撮るとき、

女性としてはアクセサリーを着けて

少しでもオシャレに撮りたいものですよね。

 

特にピアスをしている人は

ピアスをつけたままでも大丈夫なのか

気になるかと思います。

 

免許証の写真というのは人相を確認するためのものなので

「顔のパーツ」がわかるように撮影されていれば

基本大丈夫なようです。

 

なのでピアスやイヤリングなども

顔を隠すほど大きなものでなければOKということになります。

 

耳だけでなく、鼻や口についたピアスも大丈夫なようです。

 

サングラス、マスク、カラーコンタクト、帽子など

顔の大部分が隠れてしまうものや

人相が大きく変わってしまうものを着用した場合NGとなりますが、

逆にそれ以外のものだったら基本問題ないようです。

 

ピアスやイヤリング

大きいものは肌を隠してしまうのでダメですが、

小さめのフープやチェーンのものだったら

小顔効果も期待できそうです(#^^#)

 

スポンサーリンク

免許証の写真で女性が綺麗に写るコツは?

 

証明写真と違ってやり直しができない免許証の写真。

失敗しないためのコツをご紹介します。

 

・服装は白かベージュ

まず服のカラーについてですが、

ベストカラーは、顔色が明るく見える白またはベージュです。

 

また厚手のものより

体のラインが出る薄手の生地のものの方がすっきりして見えます。

逆にNGなのが青系の色になります。

背景が淡い青なので、

背景と同化してぼんやりとした印象になってしまいます。

 

服の形はVネックにすると、顔を縦長に細くスッキリ見せることができるのでおすすめです。

逆に首の詰まったタートルネックは顔が強調されます。

 

・姿勢

猫背だとかっこ悪いので、背筋をまっすぐして、顎を引きます。

 

・メイクと髪型

免許センターのカメラって普通のカメラより、顔色が悪く映る傾向があるそうです。

チークやリップをちょっと明るめにするといいですね。

髪型はスッキリと

普段、ぱっつん前髪でおでこをしっかり隠している方も

前髪を少し横に流すようにすれば、顔色が暗くなるのを防げます。

 

・簡易的なレフ板を持参

レフ板というのは写真撮影などの際に使う

光を反射させる道具のことです。

 

レフ板を使用すると顔色がワントーン明るく見えます。

実はレフ板は身近なもので代用が可能で、

おすすめはスケッチブックです。

スケッチブックの両端に手を添え、

写真のフレームに入らないギリギリの高さまで

水平に持ち上げるだけです。

あまり小さいと効果が得られないのでB4サイズ以上のものを

使いましょう。

 

スケッチブックを持参するのはちょっと・・・

という場合は白いハンカチやタオルを膝にかけるだけでも

簡易的なレフ板になりますよ。

 

・街の写真屋さんを利用する

最近では持ち込み写真を使える免許センターもあります。

少し値は張りますが、

絶対に自分の納得のいく写真を使いたいという人は

プロにお任せするのもアリですよ。

 

写真の持ち込みについては

地域ごとに細かい規定が定められているので、

事前にそこの免許センターのルールを確認してくださいね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

免許証は身分証明書としても使う場面が多いし、3年もしくは5年も使うので

満足のいくきれいな写真を撮りたいですよね。

髪型や服装も万全な状態にして

免許更新に向かいましょう。

 

私は今まで一度も満足のいく免許証の写真が撮れたことがありません。

素材がよくないことはさておいて笑

スマホやデジカメのカメラ精度はどんどん上がっているのに、

免許センターのカメラも綺麗に映るように改良してほしいものです(>_<)

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました