そうめんの賞味期限が1年前に切れてた!食べたらヤバイ?大丈夫?

暑い時期にはそうめんが食べたくなりますね。お中元で木の箱でいただいたり、保存がきくので安い時に買いだめしちゃうそうめん。

夏場は毎日のように食べるのですが、食べきれずに残ってしまい、年を越してしまうことがあります。

そうめんの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

また、期限が切れたそうめんは食べても大丈夫?

そして、上手な保存方法についても紹介します。

そうめんの賞味期限はどれくらい?

そうめんの賞味期限は商品にもよりますが、きちんと保存された状態でだいたい2年から3年半くらい

有名なそうめんの「揖保乃糸」は賞味期限を3年半としています。

かなり日持ちしますね。

 

ただ、保存状態によって湿気を帯びたり、虫がついたりすると、賞味期限は短くなります。

 

賞味期限が長いそうめんですが、ゆでると賞味期限は短く、1,2日くらいで食べた方がいいそうです。

賞味期限がきれたそうめんは食べられる?

そうめんの外袋に賞味期限は記載されていますが、賞味期限を過ぎてしまったそうめんは食べても大丈夫なんでしょうか?

 

そうめんの原料は小麦粉、塩、水で製造するなかで油も使っていて、防腐剤はつかわれていません。

そうめんが熟成し原料がおちつく頃においしく頂けるといわれていて、他の食品とは違い、古いものがおいしいとされています。

 

そうめんの賞味期限、2.3カ月位すぎていても、保存がしっかりできていれば、問題ないようです。

 

賞味期限1年以上すぎていたらどうでしょう?

保存状態がよく、カビや黒ずみがないことや、においをかいで判断したらよいと思います。ネットでみると1年くらいだったら、食べてる人いますね。

あくまで自分で判断して、自己責任になります。

 

そうめんの保存方法!

 

直射日光をさけ、通気性のよいところに保存すること。

そうめんは湿気のあるところや高温のところに保存すると、カビや虫がつきやすくなります。

直射日光があたらないからといって、床下収納やキャビネットに保存はやめておきましょう。

冷蔵庫に保存する時には、他の食品の香りがつかないようにタッパーに入れて保存するといいですね。

 

保存が上手にできてないと、賞味期限が切れていないそうめんでも、虫がついたり、味が落ちたりして食べられなくなる可能性があります。

 

まとめ!

・そうめんの賞味期限は、大体2年~3年半くらい

・賞味期限切れのそうめんは、1年以上前のものでも保存状態がよければ食べられる(自己判断)

・そうめんは直射日光、湿気や高温をさけて保存する

冷蔵庫に保存する場合は、タッパーにいれてにおいがつくのをシャットアウト!

 

今年の夏、残ってしまったそうめんもきっちり保存して、来年もおいしくたべたいですね♪

 

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました