ブロッコリーの食べ過ぎはどのくらい?食べ過ぎると体に影響がある?

ブロッコリーと言えば、栄養価も高いことから健康に良いイメージですよね。

見た目も彩りが良く、ついつい料理にも多く使ってしまいます。

 

しかし、ブロッコリーは食べ過ぎると良くないと言われているのをご存知でしょうか?

体に良いと言われていても、食べ過ぎはよくありません。

 

今回は、ブロッコリーの1日の摂取量や栄養価、

食べ過ぎによる身体の影響についてご紹介します♪

 

ブロッコリーの一日の摂取量はどれくらい?豊富な栄養素も解説!

 

ブロッコリーは、1日100~150gを目安に摂ると良いと言われています。

小房で例えると、だいたい10房くらいになります。

大好物な方にとっては少し物足りないかもしれません…。

 

栄養価について

 

ブロッコリーには、

 

タンパク質、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、

カルシウム、マグネシウムが含まれています。

 

特にビタミンCは一番多く含まれており、100g当たり120gも摂取できます。

カロリーも低いため、ダイエットしている方にもおすすめです。

こんなに栄養がとれて、ダイエット・健康にも気を使えるのはうれしいですよね。

 

ブロッコリーの食べ過ぎは身体に影響があるの?

 

ブロッコリーを食べ過ぎてしまうと、

体臭が強くなったり、甲状腺機能低下症になり元気がなくなると言われています。

 

体臭について

 

ブロッコリーには、コリンという成分が含まれています。

コリンは、魚の臭いのような物質を生成するため、体臭が強くなります。

例えば、ニンニクを食べ過ぎたらニンニク臭くなりますよね。

それと似たような感じです。

 

体臭が気になるのであれば、ブロッコリーの食べ過ぎは控えて下さい。

ちなみに、1㎏以上食べると体臭が強くなると言われています。

1㎏食べることはそうそうないですが、覚えておくといいでしょう。

 

甲状腺機能低下症について

 

ゴイトロゲンという成分が含まれており、これが甲状腺機能低下症を引き起こします。

どんな症状化というと、神経機能や心臓の代謝が低下します。

もっと簡単に言うと、身体がダルくなり、元気もでなくなる、という感じです。

 

しかし、この症状は生のブロッコリーを食べた時にだけおきます。

ブロッコリーを食べる際は、加熱してから食べましょう。

[quads id=1]

さいごに

 

ブロッコリーの1日の摂取量や栄養価、

食べ過ぎによる身体の影響についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ブロッコリーはとても栄養価が高いことがわかりました。

しかし、食べ過ぎは身体にも良くないので、注意しましょう。

また、しっかりと加熱してから食べて下さい。

 

食べ過ぎには注意し、美味しくブロッコリーを食べましょう☆

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました