クリスマスツリーに飾る 綺麗なボールみたいな丸いやつの名前は何?

12月と言えばクリスマスですね。

小さい子どもがいるご家庭だと

クリスマスツリーを出して、

子どもと一緒に飾りつけをしたりするのではないでしょうか?

 

ツリーの飾りにはいろいろなものがありますが、

丸いボールのようなものをよく飾りますよね。

キラキラしてきれいですが、

あれの名前や飾る意味はみなさんご存知でしょうか?

 

子どもに「これなぁに?」と聞かれたとき、

的確に答えられたらかっこいいですよね。

今回はクリスマスツリーに飾る

あのボールについて詳しく解説していきます!

 

クリスマスツリーに飾る丸いやつの名前はオーナメントボール!

 

まずあのボールの名前ですが、

一般的にはオーナメントボールと言われています。

「オーナメント」が装飾という意味なので、

直訳すると「装飾用のボール」ということですね。

 

しかし本当の正式名称は「クーゲル」と言うんですよ!

ドイツ語で、そのまんま「球(たま)」という意味です。

実はクリスマスツリーの発祥はドイツです。

 

北欧に住んでいた古代ゲルマン民族は

「ユール」という冬至祭を行っていたそうですが、

このとき「もみの木」を飾っていたのが、

クリスマスツリーの始まりと言われています。

 

冬でも枯れないもみの木は

ドイツ人にとって生命力の象徴だったようです。

とはいえ「クーゲル」という言葉はほとんど日本では浸透しておらず、

ネット検索で「クーゲル」と打ち込んでも、

お目当てのものはヒットしないかと思います。

 

あのボールが「クーゲル」というのはマメ知識として覚えておいて、

購入するときは「オーナメントボール」で検索しましょう。

 

オーナメントボールの由来や色の意味は?

 

先程クリスマスツリーの発祥はドイツとお伝えしましたが、

オーナメントボールにもきちんと由来や意味があります。

 

もともとはボールではなく、

知恵の樹の実である「りんご」を飾っていたようです。

 

ある年、りんごが不作になったため

りんごの代わりに赤いガラス玉を飾ることになり、

そのうち時代とともに赤いボールを飾るのが定着し、

今のような形になったようです。

 

今では赤以外のもいろいろなカラーのボールをつけますが、

それぞれの色にも意味があります。

・「赤」・・・りんご、キリストの血
・「白」・・・純潔
・「緑」・・・永遠の命
・「金」「銀」・・・キリストの気高さ、高貴さ

今まで何気なく見ていたオーナメントボールには

様々な意味が込められていたんですね。

[quads id=1]

まとめ

 

見てるだけでもきれいで楽しいクリスマスツリーですが、

飾るものにもそれぞれ意味があります。

 

たとえば、オーナメントボール以外だと

杖の形をしたキャンディもよく見かけますが、

あれは羊飼いが持っている杖を表しています。

 

またクリスマスツリーには欠かせないてっぺんの星ですが、

あれは、キリストが生まれた時に東の空に輝いた

「ベツレヘム」という星を表しています。

やっぱりクリスマスツリーには

キリスト教が深く関わっているんですね。

 

こういった意味を知っておくと、

いつもよりツリーの飾りつけに

気合いが入るのではないでしょうか?

より良いクリスマスになるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました