お正月のおせち!お煮しめはいつ作る?効率の良いスケジュールは?

お正月になると、大掃除やおせち料理を作るのでとっても大変ですよね。

特に、お煮しめは下ごしらえに手間がかかるため嫌になります…。

 

とはいっても、お煮しめは欠かせません。

日持ちするのであれば、前倒しで作っておきたいものです。

 

今回は、お煮しめはいつ作ればいいのか、保存方法や賞味期限をご紹介します♪

 

お煮しめは大晦日に作る?いつ作ればいいの?

 

お煮しめは、材料がとても多いため大きい鍋になります。

ということは、冷蔵庫で保存するのは難しいため、常温保存になります。

常温保存でだいたい3、4日持つので、12月29日頃から作るといいでしょう。

 

先に下ごしらえをしたい気持ちもわかりますが、根野菜は冷凍保存に向きません。

なぜなら、冷凍保存すると風味や食感が変わってしまいます。

 

ただし、里芋は冷凍保存すると2週間持ちます。

先に下ごしらえできるものがあるのは、楽ですよね♪

 

入れる食材は各家庭にもよりますが、冷凍保存に向いているか調べておくといいでしょう。

 

お煮しめは常温で保存する?賞味期限はどれくらい?!

 

基本的にお煮しめは、常温保存になります。

1日1回、火を通してあげましょう。

 

賞味期限は、家で作るものなのでありません。

とはいってもどんどん傷んでくるので、3、4日を目安にするといいでしょう。

 

また、食べる前に火を通すことで、殺菌効果があります。

食べる前に火を通してから、食べて下さい。

 

傷んでいないか確認する方法

 

変なニオイはしないか、粘りはないか、酸味がないかを確認してみましょう。

また、芋は傷みやすいのでしっかりと中まで火を通してください。

 

少しでも上記に当てはまる場合は、辞めた方がいいと思います。

 

どうしても冷蔵庫で保存したい場合は?

 

鍋丸ごと冷蔵庫で保存するのは難しいです。

なので、タッパーなどに小分けにすると、冷蔵庫で保存することが出来ます。

痛みにくくもなるので、100均などでお煮しめ用に用意しておくといいでしょう。

 

さいごに

 

お煮しめはいつ作ればいいのか、保存方法や賞味期限をご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

忙しいお正月の中、お煮しめを作るのは本当に大変だと思います。

ですが、3、4日持つことが分かれば、当日に作る必要もありません。

自分の都合に合わせて作り始めるといいでしょう。

 

また、鍋の場合は常温保存になります。

火を通してから、食べるようにしてください。

 

賞味期限はありませんが、常温保存は傷みやすいです。

できるだけ早く食べた方が良さそうですね。

 

お煮しめを作る方は、是非参考ににしてみて下さい☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました