乾燥した黒豆が賞味期限切れ?!見た目なんともないけど食べられる?

お正月になると、おせち料理に黒豆は欠かせない一品ですよね。

最近では、乾燥している黒豆も多くあり、スーパーでは年中見かけるようになりました。

 

私も乾燥した黒豆を購入するのですが、賞味期限を切らしたことがあります。

見た目は何ともなさそうに見えますが、大丈夫なんでしょうか?

 

今回は、乾燥した黒豆の賞味期限や見分け方、保存方法などをご紹介します♪

 

黒豆の賞味期限は?食べられるか見分ける方法は?

 

乾燥した黒豆の賞味期限は、約半年程です。

半年も持てば、そうそう期限を切らしてしまうこともないでしょう。

 

そして、カビや虫に食われたような跡がなければ、1年以上は食べることが出来ます。

とはいえ、豆の風味が落ちてしまうので、なるべく早く調理したほうがいいでしょう。

 

食べられるかの見分け方は、上記にも書きましたが、カビ・虫のチェックをして下さい。

体調崩してからでは遅いので、きちんと確認しましょう。

 

カビは洗ったら大丈夫だと思われがちですが、アウトです。

カビが生えているということは、目に見えない根を伸ばしています。

なので、カビが見えたら捨てましょう。

 

水に戻した場合の賞味期限

 

冷蔵庫で保存した場合は、1~2日ほどです。

なるべく空気に触れないようにジップ袋などで保存しましょう。

 

冷凍保存の場合は、1か月ほどです。

同じく空気に触れないように、フリーザーパックで保存しましょう。

 

黒豆の上手な保存方法まとめ!

 

乾燥した黒豆は、湿度に弱いです。

なるべく、湿気の低いところで保存してください。

 

保存方法は、紙袋にいれると通気性もいいのでおすすめです。

また、タッパーや瓶で保存するのもいいでしょう。

 

水に戻した黒豆の冷蔵・冷凍保存は、上記にも書いた通りに保存してください。

空気に触れることで、酸化しやすくなります。

 

黒豆煮の保存について

 

黒豆煮は、タッパーなどに入れ10度以下の場合で保存してください。

冬以外は、常温保存はしないようにしましょう。

また、賞味期限の目安は1週間ほどです。

 

[quads id=1]

 

さいごに

 

乾燥した黒豆の賞味期限や見分け方、保存方法などをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

黒豆の賞味期限は、乾燥・水に戻したもので違うことがわかりました。

 

乾燥したものは半年、水に戻したものは冷蔵庫で1~2日です。

冷凍保存することで、1か月ほど持つので、先に煮て保存しておくのもいいでしょう。

 

保存方法も、それぞれ違うので参考にしてみて下さい。

 

正しく保存し、美味しく黒豆を食べましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました