お歳暮の送り先からお礼の電話がかかってきた!どう対応すればいい?

年末になると日頃からお世話になっている方に

感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈りますよね。

 

親しい友人や両親、親戚の他、

職場の上司や先輩に贈るケースも多いと思います。

 

お歳暮を贈って一安心していたら、

職場の上司からお礼の電話がかかってきた・・

 

なんてことはありませんか?

 

せっかくお礼の電話を頂いたのなら、

今後も良好な関係を築いていくためにも

ここでうまく切り返したいところです。

 

そうはいっても突然の電話だと

なかなかうまく切り返せないかと思います。

 

そこで今回は

お歳暮のお礼の電話がかかってきた時の対応のコツを、

自分がお歳暮を頂いた場合の対応と併せて

お伝えしていきます。

 

お歳暮を送った相手から電話でお礼が!切り返しは?

 

お歳暮は基本的にお返しは不要とされているので、

もし送った場合、電話やはがきでお礼が来ることになるかと思います。

 

職場の方からの電話だと緊張してしまうかもしれませんが、

もともとお歳暮というのは

日頃の感謝を伝えるためのものです。

 

その気持ちを電話でも伝えればいいのです。

 

「ご丁寧にお電話ありがとうございます。

たいしたものではございませんが、

喜んでいただけたら幸いです。

来年もよろしくお願いします。」

 

といった感じで、

まずはお礼の電話をくれたことに対する感謝と

翌年の挨拶を伝えましょう。

 

その後言葉に困ったら、

「なんでその品を選んだのか」

簡単に伝えるといいと思います。

 

最後は「寒いので体調には気を付けてください」など

季節の挨拶で締めるのが良いかと思います。

 

電話なので無理に固い言葉を使わなくても大丈夫です。

日頃の感謝と自分の素直な気持ちを伝えましょう。

 

 

立場変わって!お歳暮をもらった時のお礼の方法は「はがき」がおすすめ!

 

前章でお歳暮のお礼に対する返しについて

お伝えしましたが、

逆に自分がもらってしまった場合は

どうするのが正しいのでしょうか?

 

お歳暮にお返しは不要ですが、

感謝を伝えなくてもよいわけではありません。

 

お歳暮が無事に届いたことを相手に伝えるためにも

お礼はしっかりしましょう。

 

もちろんお礼は電話でもかまいませんが、

お礼状を出す方がより丁寧になります。

 

目上の方や職場の人からお歳暮を頂いた場合には、

はがきで感謝を伝えるのが1番です。

 

はがきを書く際の注意点は

 

・縦書きにする

・最後に「日付」「署名」「宛名」の順で記載

(もしスペースに余裕がない場合は

「日付」と「差出人名」は省略し、

差出人名を宛名面に記載してもOK)

 

の2点です。

 

書き方に迷ったら、

 

①時候の挨拶

②お歳暮を頂いたことへの感謝の言葉

③相手の健康を気遣う言葉

④結びの言葉

 

の順に書いていきましょう。

 

自分だけでなく、家族が喜んでいる様子を伝えたり、

今後も長く付き合っていきたい旨などを添えると

一層気持ちが伝わるかと思います。

 

もし手元にお歳暮が届いたら、

お礼状はすぐに出すようにしましょう。

 

[quads id=1]

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今後も相手と良好な関係を築いていくためにも、

お歳暮が届いたら

すぐにお礼をしましょう。

 

お礼は手紙やはがきが1番丁寧です。

 

品物が届いてから2~3日以内には出しましょう。

 

もし難しい場合は、まず電話かメールで

お歳暮が無事に届いたことを伝え、

後からお礼状を送るのがいいと思います。

 

もし相手からお礼の電話が来た場合は、

電話に対するお礼、

日頃お世話になっている感謝の気持ち、

なんでその品物を選んだのか、

今後も末永く付き合っていきたいこと

などを伝えましょう。

 

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました