振袖は既婚者が成人式に着るのはNG?着る時の注意点は?

振袖は、「既婚者はNG」という習わしがありますよね。

若くして結婚した方は、まだまだ振袖を着たい方も多いと思います。

 

では、なぜ既婚者は振袖がNGなのでしょうか?

もし着てもいい場合は、注意点などを知りたいですよね。

 

今回は、なぜ未婚者は振袖を着るのか、

また、既婚者が振袖を切る時の注意点をご紹介します♪

 

振袖は未婚者が着るのはなぜ?

 

着物というのは、留袖、小紋、訪問着な振袖以外にも色々なタイプがあります。

それぞれ、着る人、シーンがあるため、このようにタイプが分かれています。

 

振袖は、江戸時代から独身の女性だけが着られるものだと言われています。

その風潮が、現代でも続いているようですね。

 

江戸時代では、振袖の長い袖を使って男性にアピールしていただとか。

また、袖の振り方で求愛に対してイエスorノーを表していたそうです。

 

こういったことを考えると、独身の女性が着ていた、というもの納得ですよね。

まあ、現代では着物でアピールするイメージはないので、想像しづらいかもしれません。

 

それぞれの時代に合ったファッションが、昔からあったんですね~。

現代で言うと、ミニスカートとか…ちょっと過激な服かが当てはまるんでしょうか?笑

 

既婚だけど振袖を着たい!着る時の注意点は!

 

江戸時代では、異性にアピールするものとして扱われていました。

ですが、現代ではそれに気づく人もいません。

そのため、既婚の方も振袖を着ても問題はないでしょう。

 

振袖レンタルのサイトなどを見ても、既婚者の方もOKと書いていました。

家族写真で振袖を着る奥さんも結構いるみたいですよ♪

 

そして、皆さんの意見を調べてみると気にしない方が多く見られました。

年配の方が多い場の場合は、着物に詳しい方もいるので辞めた方がいいかもしれませんね。

 

もし、友人や知り合いの結婚式に呼ばれた場合は、避けた方がいいかもしれません。

どうしても着たい場合は、新郎・新婦の方に確認するといいでしょう。

 

さいごに

 

なぜ未婚者は振袖を着るのか、

また、既婚者が振袖を切る時の注意点をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

江戸時代では、異性にアピールをするために振袖を着ていました。

袖を使ってイエスorノーを表すのって、なんだか粋ですよね~♪

 

とはいえ、現代では振袖=成人式のイメージが強いです。

既婚されていても、何か思われることはそうそうないでしょう。

 

また、結婚式などでは、一応確認しておくといいと思います。

TPOを合わせるのは、大事なことなので覚えておきましょう。

 

既婚者の方も、是非振袖を着ましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました