窓の結露がひどい!簡単に結露をなくす解消方法を紹介!

冬になると、窓の結露が気になります。

一々掃除するのも大変ですし、どうにかしたいものです。

 

皆さんは、窓の結露の原因を知っていますか?

窓の結露の原因は、家の中と外との温度差によって発生します。

それをどう対処するのか、気になりますよね。

 

今回は、結露ができる原因・対処法や、放置するとどうなるかをご紹介します♪

 

結露ができる原因と対処法は?

 

結露は、屋外と室内の温度差が激しい時に起きる現象です。

例えば、室温20度、湿度50%の場合、窓が9.6度以下になると結露がおきます。

冬の気温を考えると、確かに結露がおきやすいことがわかります。

 

対処法について

 

結露の対処法は、室内の換気や除湿を行ってください。

また、窓の表面温度をあげることによって、結露がおきにくくなります。

 

換気は、部屋のドアを開けて、換気扇もすべて付けて下さい。

また、除湿機を窓の近くに置くのもいいでしょう。

 

窓の温度を上げるには、断熱シートを貼るのをおすすめします。

ホームセンターなどにもあるので、手に入れやすいですよ♪

 

結露を放置すると…どうなる?!

 

結露を放置すると、カビの発生の原因になります。

また、結露した窓をそのままにすると昼に温度が上がると湿度も上がります。

ますますカビの原因になるので、対処は必須ですね。

こまめに拭くのもいいですが、できるだけ換気をするなど工夫するといいでしょう。

 

結露防止グッズ

 

・窓に貼るグッズ

プラダン、プチプチ、新聞紙、吸水テープ、断熱シートなど

どれもAmazonで販売されているので、見てみて下さい。

 

・結露取りグッズ

結露取りワイパー、吸水スポンジ、新聞紙

結露を拭く場合は、この3つがおススメです♪

雑巾などで拭くより、キレイに拭くことができます。

 

・防止グッズ

結露防止スプレー、台所洗剤

防止スプレーは、ホームセンターやAmazonなどで販売されています。

洗剤は水で20倍程薄めて窓に塗り拭きして下さい。

 

・予算がある場合

除湿機、ウィンドーラジエーター

この二つがあれば、結露も怖くありませんね♪

ウィンドーラジエーターは、約3万円程で購入できます。

 

[quads id=1]

 

さいごに

 

結露ができる原因・対処法や、放置するとどうなるかをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

結露ができる原因は、室内と屋外の温度差によるものです。

湿度も関係あるので、こまめに換気するのをおすすめします。

また、放置するとカビが発生しまうことがあるので、対策はしましょう。

 

対策は基本的には換気、窓は断熱シートなどがいいと思います。

予算がある場合は、除湿機やラジエーターを置くと便利ですよ♪

 

結露に悩んでいる方は、是非参考ににしてみて下さい☆

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました