バックストラップのパンプスやサンダルがパカパカ脱げる!防ぐ方法とは?

バックストラップ付きのパンプスやサンダルといえば、

足との一体感をサポートしてくれる素晴らしいものですよね。

 

しかし、何故かパカパカ脱げることがあります…。何故なんでしょうか…。

対策するためにも、まずは原因を知らなければなりません。

私もよくパカパカするので、いつも困っていました。

 

今回は、バックストラップのパンプスやサンダルが脱げるのを防ぐ方法をご紹介します。

また、靴擦れの対処法も調べてみたので、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

バックストラップのパンプスやサンダルが脱げるのを防止する方法は?

 

まずは、何故脱げてしまうのかご紹介します。

 

・パンプス・サンダルのサイズが合っていない

 

サイズが少し大きい場合は、足はだんだん前の方へずれていきます。

そのため、バックストラップもずれ、パカパカしてしまいます。

 

また、かかとが小さい方はバックストラップが合っていない可能性があります。

自分の足・かかとに合ったパンプス・サンダル・バックストラップのものを選びましょう。

 

こうした原因を踏まえて、靴を選ぶときは、

小さめのサイズ(かかとが出るくらいでOK)を選ぶと良さそうですね。

 

購入済みの場合は、中に敷くタイプの滑り止めを買いましょう。

私も靴のサイズが合いにくいので、滑り止めを買って防止しています。

滑り止めがあるだけでも、全然違うのでおすすめですよ!

 

また、バックストラップのベルトは滑り落ちないところまで縮めて下さい。

それでも滑る場合は、靴屋さんなどでベルト穴を開けてもらってください。

 

スポンサーリンク

パンプスやサンダルのバックスラップが当たって靴擦れ!対処法は?

 

バックストラップが当たって痛い時に、とっておきの商品があります!

どんな商品かというと、ストラップの裏側に貼るパッドです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぺダック スリング pedag SLING
価格:540円(税込、送料別) (2018/12/1時点)

 

 

 

上記のサイトを見てわかる通り、ストラップにパッドを貼るだけでOK!

柔らかいレザーファイバーでかかとを守ってくれます。

細いストラップの場合でも、はさみで切って使うことが出来ますよ♪

 

他にも、靴用品メーカーの靴擦れ防止商品があります。

 

 

 

自分の足に合う素材を探してみてはいかがでしょうか?

 

テープ以外の簡単な靴擦れ対策は、擦れて痛い部分に固形石鹸をこすりつけて下さい。

そうすると、靴擦れしにくくなるそうですよ!

 

固形石鹸が嫌な場合は、肌色の傷テープ+ストッキングをはいてみて下さい。

傷テープだけだとテープがズレてしまうので、ストッキングは必ず履きましょう。

最近の傷テープは優秀なので、ストッキングさえ履けば目立ちませんよ♪

 

もしストラップタイプの靴に履き慣れていない場合は、

履き慣れることで靴擦れも起きなくなる、ということもあります。

無理をしない程度に履き続け、慣れるまで履いてみて下さい。

 

ですが、靴擦れはつらいものなので、慣れそうにない場合は履くのを辞めましょう。

綺麗なものであれば、メルカリなどでも販売できますよ!

 

スポンサーリンク

さいごに

 

バックストラップ付の靴が脱げるのを防ぐ方法や、

靴擦れの対処法などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

もし脱げやすいのであれば、まずはサイズを確認してみてください。

サイズはかかとが少しはみ出すくらいの方が脱げにくくなりますよ!

また、対処法としては滑り止めがおすすめです。

 

靴擦れは、ストラップに貼るシートを張るとマシになります。

すでに靴擦れが起きてる場合は、傷テープ+ストッキングでごまかしちゃいましょう!

 

バックストラップ付の靴を履くときは、参考にしてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました