子供の習字セットの捨て方!文鎮や墨・硯など個別に解説!

「書道」の時間は、小学生の授業で義務教育の一環とされています。

しかし、中学生にもなれば、習字の時間がなくなる学校もあるでしょう。

 

そこで困るのが、習字セットの捨て方です。

文鎮や墨、硯、筆、筆まきなどそれぞれ素材が違うので、ゴミの分別にも悩みますよね。

 

私も書道の時間がなくなってから、

親に「これどうするの?捨てるの?」と聞かれ、捨ててもらった記憶があります。

 

今回は、習字道具のアイテムごとの捨て方、処分のタイミングなどをご紹介します!

 

スポンサーリンク

習字道具のアイテムごとの捨て方!

 

私もゴミの分別が苦手で、いつも色々調べている気がします…。

また、引っ越し先で分別方法が変わることもあり、面倒ですよね。

 

習字道具の内容、どのゴミの分別に当てはまるか一覧にしてみました。

基本的には、この一覧が参考になると思います♪

 

燃えるゴミ

 

習字道具のバッグ、半紙ばさみ、筆、筆置き、筆まき、墨汁の中身、

固形の墨、下敷き、半紙ホルダー(種類による)

 

燃えないゴミ

 

中皿、天然石・セラミックの硯、墨汁の入れ物、半紙ホルダー(種類による)、水差し

 

プラスチックの硯はプラスチックとして捨ててください。

また、文鎮は金属ゴミとなります。

 

墨汁の中身はそのまま捨てるのではなく、中身を出してから捨ててください。

中身は新聞紙などに染み込ませると、捨てやすくなりますよ!

 

どんな素材が確かめると、ゴミの分別も楽になります。

 

また、自治体によってもゴミの分別方法が変わります。

気になる方は、一度お問い合わせしましょう。

 

スポンサーリンク

習字セットを処分するタイミングは?リサイクルもできる?

 

書道セット、もう使わないと思っていても、

お正月の書初めで使うかな~?!とか

いつか書道を習うかも?と迷ってしまいます。

 

でも、

習字を習っていないのであれば、使わなくなったタイミングで捨てましょう。

書初めも面倒で結局やらなかったりします(;’∀’)

子供にとっては思い入れがある書道セットかもしれませんが、

使わなければ意味がありませんし、

古いものはしまっておいても使えない可能性もあるので、

思い切って処分するのがいいようです。

 

もし、どうしても捨てるのが嫌な方は、リサイクルという手もあります。

男の子の書道セットはリサイクル厳しいかもしれませんが、女の子のものは綺麗に使っていると思うので、イケそうですね。

 

リサイクルショップにもよりますが、買取をしてくれるところもあります。

また、メルカリなどのフリマアプリを利用するものアリです。

 

オークションサイトであれば、ヤフオク、モバオク。

フリマアプリ、サイトであれば、メルカリ、フリル、ジモティなど。

 

また、現在メルカリを見てみると、

平均1000円くらいで登録されているものが多かったです。

 

出品数が多いため、中には600円という価格に設定している方もいました。

 

他には・・・値切られるかもしれませんが、

地元開催のフリーマーケットで売るのもアリですね。

品物を見て買ってもらえるので、トラブルも少ないです。

 

ただし、最近では誰かのお下がりを使う習慣が減っているため、売れにくいかもしれません。

売れたらラッキー♪くらいに思っておきましょう。

スポンサーリンク

さいごに

 

習字道具のアイテムごとの捨て方、処分のタイミングなどをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

習字セットの道具って、色々入っていて困っちゃいますよね。

そんな時は、ゴミの分別の一覧をご覧ください。

サクサク分別ができると思います♪

 

捨てるのは…という方は、リサイクルショップやフリマアプリ、オークションを利用するといいでしょう。

 

状態がいい物であれば、相場より高く売れるかもしれません。

まずは出品するところから始めてみてください。

 

習字セットの処分に悩んでいる方にとって、参考になりますように!

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました