アルミホイルをフライパンに敷いても大丈夫?溶けたりしない?

魚を焼く時、普通のアルミホイルを敷いたフライパンで焼いても大丈夫なのでしょうか?

グリルを使うと後片付けが面倒なので、フライパン+アルミホイルで調理していましたが、ふと疑問に?!

心配なのは、アルミホイルが溶けてしまって一緒に食べてしまうことです。

体に害がありそうですよね^^;

 

今回はアルミホイルをフライパンに敷いて調理しても大丈夫なのか?

また、落し蓋に使うアルミホイルの代用品についても紹介します!

スポンサーリンク

アルミホイルをフライパンに敷いても大丈夫?

結論から言うとフライパンにアルミホイルを敷いて使えます。

 

アルミホイルの耐熱温度は約660℃、フライパン調理の温度は約200℃ですから普通に使う分には大丈夫です。

 

耐熱時間が660℃とはいえ、アルミニウムは塩分や酸に弱いので低い温度でも溶ける可能性はあります。

塩分と酸が含まれている「梅干し」でアルミホイルが溶けるのはよく聞く話ですよね。

 

アルミホイルは落し蓋として長時間使っていたら溶けてしまったという事例も聞くので、長時間加熱し続けたり、強火にかけたり、空焚きするのはやめましょうね。

 

スポンサーリンク

アルミホイルが溶けると害がある?

アルミホイルを使っていて溶けてしまったら、その料理はもう食べられないのでしょうか?

 

アルミホイルのメーカーのホームページによると

アルミホイルは長時間塩分や酸にさらされると腐食がおこり、色が変わったアルミが溶けて穴が空いたりします。

万が一食べたとしても人体に害はありませんし、ほぼ全量が排出される。

とのことです。

 

微量のアルミホイルでは有害にはならないとのことですが、少しでも心配だと思うのでしたら、アルミホイルを使った調理はやめておいたほうが無難だと思います。

 

アルミホイルを落とし蓋で使うと溶ける?代用できる?

アルミホイルは落し蓋として使うと、溶ける可能性があります。

落し蓋を使う時は煮物を作ることが多いと思います。

私は今までアルミホイルで落し蓋をしていて溶けてしまったことはないのですが、

アルミホイルは塩や酸に弱いので、醤油や塩の味付けで長時間煮込むと、変色や穴が空くことがあるのです。

もし、心配だったら別のもので代用しましょう。

 

アルミホイルの落し蓋の代用品は?

落し蓋の代用品を紹介します。

キッチンペーパー

水分を吸収して、アク取りもしてくれるので一石二鳥です。

薄いものだと破れてしまうので耐久性のあるタイプ、無漂白のものを選ぶと安心です!

 

クッキングシート

クッキングシートは折りたたんで鍋の大きさより小さめに切って使います。

真ん中と周りに穴を開けましょう。

 

お皿

平たいお皿でも代用できます。

お皿が重すぎると食材が潰れてしまうので、軽いものを選びましょう。

また、取り出す時にやけどをしないように気をつけましょうね。

 

サイズを変えられる落し蓋が一つあれば便利かも?!

フライパン用のアルミホイルがある

アルミホイルをフライパンに敷いて魚を焼いていると、くっついてしまうのが玉にキズです。

油なしでもくっつかないフライパン用のアルミホイルがあります。

おうち時間が増えて、後始末も簡単になるフライパン用のアルミホイルは人気なんだとか。

 

耐熱温度300℃

レビューを見てみると使いやすそうです。

・焦げ付きやすくなったフライパンで魚がキレイに焼ける
・餃子を焼くのに便利
・ホイル焼きに使いやすい
・薄焼き卵が油をひかないで作れるなど
ちらし寿司などに使う薄焼き卵を油をひかないで作れるのはいいですね♪

フライパン用も普通のアルミホイルと同様で、熱源や炎に近づけないようにすることや塩分や酸が強い食品には使わない、電子レンジには使わないなど注意点があります。

アルミホイルをフライパンに敷いても大丈夫なのか、溶けたりしないのかについて紹介しました。

 

アルミホイルはフライパンの上に敷いて調理して使えますが、強い火力で断続的に使うことや塩や酸に弱い特徴があるので注意が必要です。

万が一食べてしまっても、排出されるとのことです。

 

アルミホイルの代用品として、落し蓋として使えるのは」・・・

お皿とクッキングシートとキッチンペーパーでした。

どれも、身近にあるものなので、すぐ用意できそうですね。

 

普通に使う分には大丈夫そうですが、少しでも不安のある方は違う方法で調理しましょうね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました