習い事の先生にお中元・お歳暮を現金で渡すのは失礼?!

お中元やお歳暮、何を贈るか悩みますよね。

一般的なお中元やお歳暮は、品物を贈ると思います。

 

そして、現金を渡すのはNGとされています。

とはいっても、特例がある場合はアリなのをご存知でしょうか?

 

今回は、お歳暮で習い事の先生に現金を渡すのはマナー違反なのか、

金額やのしなどの注意点をご紹介します♪

 

お歳暮・習い事の先生に現金を渡すのはマナー違反?

 

一般的には、お中元もお歳暮も現金を渡すのはNGです、

とっても失礼な行為にあたるので、辞めておきましょう。

 

ですが、上記にも書いた通り特例があります。

「相手に現金にして下さい」と言われた場合はOKです。

 

現金で多いのは、習い事の先生などです、

茶道、生け花、和の習い事の先生に多いそうです。

 

生徒さんが多いと、沢山物をもらうと処理に困るだとか…。

そしてそのお金を道具の資金などにするらしいです。

 

もしわからない場合は、他の生徒さんに相談するといいと思います。

また、先生に確認しておくのもいいでしょう。

 

ちなみに、カルチャースクールなどはお歳暮自体を一切受け取らないところが多いです。

和の習い事以外は、現金は少ないでしょう。

 

習い事の先生に現金のお歳暮をおくる時の金額やのし等の注意点は?

 

金額について

 

習い事の先生だと、いくら渡せばいいのか…と悩みますよね。

だいたい、月謝の1か月分が相場だそうです。

場所によっては、月謝半額分、生徒全員で渡す、など変わってきます。

 

なので、最初に生徒さんと話し合うといいと思います。

場所によっても変わるので、一人で決めるのは辞めておきましょう。

 

のしについて

 

お歳暮なので、のし袋に入れて下さい。

普通の封筒はNGです。

 

お歳暮の際に使うのし袋は、水祝引のものにしましょう。

中央部分に、「お歳暮」または「御礼」と書いてください。

その下に、お歳暮よりも小さめも文字で自分の名前を書きましょう。

 

書き方も、習い事の流派などで変わってきます。

これも、生徒さんに聞いておくといいでしょう。

 

お札について

 

お札は、ピン札にしましょう。

ない場合は、なるべく綺麗な状態ものにして下さい。

 

さいごに

 

お歳暮で習い事の先生に現金を渡すのはマナー違反なのか、

金額やのしなどの注意点をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

お歳暮に現金を渡すのは、一般的であればマナー違反です。

ですが、習い事の先生の場合はアリの場合もあるので、生徒さんに聞くといいでしょう。

 

また、現金を贈る場合は生徒さんに聞くと相場などもわかりやすいです。

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました