履き替えるのが面倒!?クロックスで運転すると違反になるの?

夏になるとクロックスで出かける人も多いでしょう。

ちょっと買い物に行くときなどに便利ですよね。

クロックスはアメリカで大ヒットした個性的な形をしたカラフルなサンダルで、

2005年に日本に上陸してから売り上げを伸ばし、

今ではすっかり人々の生活に定着しています。

 

しかし車を運転するときはクロックスは大丈夫なのでしょうか?

運転中の履物について何がOKで何がNGなのか

解説していきたいと思います。

 

夏は大体クロックス?でもそのままで車を運転すると違反になる!?

まずどういったものがアウトになるかというと・・・。

 

足に固定させることのできないスリッパ状のものは違反となります。

足の指に挟むことのできる鼻緒が付いたもの、

かかとを固定できるタイプのものであれば違反とはなりません。

なのでクロックスの場合、

かかとを止める装置がついているものならセーフになります。

一般的なサンダルでも同様です。

 

しかし、履物の指定・解釈は都道府県によって異なるため、

同じ靴であってもアウト・セーフの解釈が別れる可能性があります。

かかとがついているから大丈夫だと思っていても

現地の警察官の判断によっては違反となってしまう場合もあります。

自分の住んでいる地域の公安委員会や警察署のHPを見て

確認してみましょう。

 

運転について見直そう!履いている靴によっては交通違反を取られる?

 

車の運転で1番重要なのは「動く」「止まる」といった車を操作する

ペダル操作です。

 

ペダル操作に支障をきたす履物は違反となります。

確実にアウトとのなる履物は、

下駄、かかとのないサンダル、スリッパ、ハイヒールです。

もし、違反として扱われてしまった場合、

どのような罰則があるのでしょうか?

 

安全運転義務違反とされた場合、

違反点数2点、

反則金として9000円も取られてしまいます。(普通車の場合)

また公安委員会遵守事項違反とされた場合の罰則は、

違反点数はありませんが

反則金6000円(普通車)となっています。

結構大きな金額ですので

もし不安だったら靴を履き替えるようにしましょう。

 

まとめ

 

車の運転をする際、

たとえ違法とならなくても安全を守るため

サンダルやクロックスは避けた方がいいでしょう。

クロックス・ジャパン合同会社も

クロックスでの運転は推奨していません。

運転にベストな靴は、

かかとがあり、靴底の平らなものです。

具体的には

スニーカー、革靴、フラットなパンプス、ドライビングシューズ

などが好ましいです。

もし事故を起こしてしまったら自分だけでなく

周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

安全運転第一でいきましょう。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました