浴衣の男性はスマホや財布の荷物をどうやって持っていく?

彼女とのデートや友達と花火大会、お祭りにいくために男性が浴衣を着る時、迷うのがスマホや財布などの荷物をどうやってもっていくのかってこと。

 

男性がせっかく浴衣を着てかっこよく決めたのに、小物の持ち方が決まらないと残念です(>_<)

 

今回は、男性が浴衣を着た時に、持っていくといいものや、どうやって持っていくといいのか?について紹介します。

 

スポンサーリンク

浴衣を着た時、男性はスマホや財布をどこに入れる?

男性が浴衣を着た時の持ち物!

浴衣を着た男性の持ち物は少ないです。

財布

スマホ

財布と携帯があれば十分です。

 

汗対策、暑さ対策として

手ぬぐい

(手ぬぐいは彼女が地面やベンチに座るシーンがあったら、さっと出してシート代わりに使ってもらうこともできます!)

扇子もしくはうちわ

あと、デートの時、身だしなみを整えるとしたら

汗拭きシートやヘアワックス、リップクリームなどでしょうか。

ハンカチやティッシュを持参することもあるでしょう。

 

浴衣姿の時にはできるだけ荷物を少なくして手ぶらの方が恰好よさそうです。

手ぶらにするため袖のたもとに入れたりすると荷物を落としそうです(>_<)

そして、浴衣での出掛先は、花火大会やお祭りなど人込みが多いので、防犯的に心配です。

また、たもとに物を入れると

重たくなるし、トイレにいったときに邪魔になるという声もありました。

 

スポンサーリンク

浴衣姿の男性の荷物のもっていき方!

浴衣の男性が荷物を入れる最適なものとして「信玄袋」があります。

 

信玄袋は和風の布で作られた巾着の形のものとポシェットの形のものがあります。

信玄袋は通販でも買えて、お値段もお手頃、デザインも古めかしいものから、今風のおしゃれなものまでいろいろあります。

一つ持っているといいですね。

 

お金は小銭入れにお札を折って入れて、スマホと一緒に信玄袋の中へ。

他の小物も入ります。

信玄袋のひもを帯にはさんでぶら下げると、手ぶらで歩くことが出来ます!

スリに合うのが心配ですから、くれぐれも後ろにはぶら下げないように、前腰の方にぶら下げましょう。

 

小銭入れがない場合・・・長財布を胸元にいれていくこともできます。胸元からスッと財布を出すのもちょっとかっこいい(*^-^*)

でも、浴衣の構造上、帯が緩んで落としてしまう可能性もあるので、胸元に財布を入れるのってあまりおすすめできないです。

ダイソーやセリアなのどの100均に小さいがま口や小銭入れも売ってますから、財布はコンパクトにした方がいいと思います。

今時の100均は100円に見えないものも多くて侮れませんよ!

 

扇子は帯(体の前)に差して、うちわだったら帯(体の後ろ)に差していきましょう。

 

花火大会の場所取りで、レジャーシートや折りたたみの椅子、食べ物や飲み物をもっていく時は

大きめのトートバッグにいれていってもいいですし、風呂敷に包んでもっていく方法もあります。

 

デートの時は

男性はできるだけ荷物は少な目の方がかっこいいいので、必要最小限のものを自分でもって、あとは彼女のカゴバッグなどに入れさせてもらうのもアリですね。

 

いずれの場合も気を付けて欲しいのは・・・

お祭りや花火大会の人込みの中、浴衣の胸元やたもとに入れる場合、荷物を落としたり、スリにあったりする可能性もありますので、充分に気を付けてください!

 

お手頃な信玄袋です!

柄も豊富で浴衣に合わせて選ぶのが楽しいですね♪

 

 

↑こちらはマジックテープ式のベルトがついていて帯に留められるようになっています。

ちょっと値段は高くなりますが、ベルトポーチみたいに出来て、両手があいてスマートですね。

 

また、和風のテイストの肩掛けショルダーバッグも種類が豊富で

雰囲気を損ねないし、荷物もたくさん入って使いやすいと思います(#^^#)

 

 

[quads id=1]

スポンサーリンク

まとめ

浴衣を着る時の男性の荷物はできるだけ少なめにしましょう。

信玄袋や和風テイストのバッグに入れていったり

彼女の荷物に入れてもらって、荷物をもってあげたり

してください。

 

盗難にはくれぐれも注意してくださいね。

 

洋服と一緒で、浴衣の時も全身のバランスを考えて

かっこよく!ビシっと決めて、今年の夏、お出かけや彼女とのデート楽しんでくださいね♬

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました