かぼちゃの皮って捨てるともったいない?皮は食べれるし栄養いっぱい

ハロウィンの時に飾ったり、冬至の時に食べるかぼちゃ!

かぼちゃの料理は煮物に、スープ、サラダ、スィーツなどなどいろいろありますが、かぼちゃの皮って食べてますか?

 

かぼちゃの皮を食べないで残している方がいたら、必見です(*^-^*)

かぼちゃの皮の豊富な栄養について紹介します!!

 

スポンサーリンク

かぼちゃは栄養たっぷり!

かぼちゃは健康を保つためのビタミンや数々のミネラル、食物繊維を摂れる、栄養満点の野菜です!

栄養がたっぷりある分、瓜科の中では一番高いエネルギーの野菜です。

 

かぼちゃに含まれてる栄養は・・・。

【βカロテン】

免疫機能や抗酸化作用を強くする効果があります。

かぼちゃのβカロテンは体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは粘膜や皮膚の抵抗力を強める効果があって、生活習慣病の予防にも効果的だといわれています。

かぼちゃを食べると風邪をひかないといわれるのはこのビタミンAの働きによるものだそうです!

 

【ビタミン】

かぼちゃはビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンB1・・・疲労回復

ビタミンB2・・・口内炎の予防

ビタミンC・・・コラーゲンの生成

ビタミンE・・・血行をよくする

積極的に摂りたいビタミンが豊富にバランスよく含まれています!

【食物繊維】

便秘を防ぎ、消化に時間がかかるので腹持ちがいいことから、ダイエットにも効果的だといわれています。

 

かぼちゃは実の部分だけではなく

種にはたんぱく質、カルシウム、ビタミンB群、鉄分

ワタには食物繊維、カロテン、ビタミンKなども含まれています。

そして、見逃すことができないのが

かぼちゃの皮!

 

かぼちゃの皮の栄養は?

かぼちゃの栄養はスゴイのですが、特に実と皮の間の部分には栄養がたっぷり含まれています。

βカロテン、食物繊維のほか、ルチンという抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているんです。

 

皮を取って捨ててしまうなんて、めちゃくちゃもったいない(>_<)

 

かぼちゃの皮に農薬はついていないの?

かぼちゃの皮も食べたほうがいいことはよくわかるのですが、表面に農薬がついているのでは?と気になります。

 

国産のかぼちゃは、病気や害虫に強い品種なので、農薬の心配はあまりないそうです。心配な方はよく洗ってから調理する!

それでも、心配な方は調理する前にかぼちゃをゆでてから使うと、農薬の成分も落ちるそうです。

 

スポンサーリンク

かぼちゃの皮のレシピ!

かぼちゃはできるだけ皮付きで調理して丸ごと食べるようにしましょう。

皮つきの料理方法は、煮物にしたり、薄く切って焼いたり、ゆでてサラダにしたりいろいろありますね。

 

パンプキンスープなど皮を取ってから調理する料理もありますが、残った皮!捨てないで食べましょう!

かぼちゃの皮を使ったレシピを紹介します。

 

【かぼちゃの皮のきんぴら】

①かぼちゃ1/4の皮を細切りにします。

②フライパンを熱しサラダ油をひきます

③かぼちゃの皮に火が通ってきたら、砂糖大さじ2杯入れ、更に醤油大さじ2杯入れてしあげます。

 

【かぼちゃの皮のおやつ】

①かぼちゃの皮を5㎜くらいの幅に切り、水気を取ります。

②サラダ油を熱し、かぼちゃの皮をカリッと揚げていきます。

③フライパンに砂糖40グラム、水大さじ1/2を入れて熱し、飴状になったら、油を切ったかぼちゃの皮を入れてからめていきます。

黒ゴマを入れて完成!

 

♬     ♪     ♬

いかがだったでしょうか?

かぼちゃの皮、栄養満点で捨てるのはホントもったいないですね。

おいしく調理して栄養逃さず頂いちゃいましょう(*^^)v

 

 

 

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました