オリーブオイルで揚げ物をするのはダメ?実は揚げ物に最適!メリットを紹介

皆さんは、揚げ物の際どの油を使っていますか?

私もそうですが、ほとんどの方がサラダ油を使っていると思います。

 

しかし、油といえば色々なタイプがありますが、

オリーブオイルで揚げ物をするとどうなるんでしょうか?

 

調べてみると「マズイ」なんて言うのも見かけましたが、

実はオリーブオイルで揚げ物をしたほうが最適!という噂を聞きつけました♪

 

今回は、オリーブオイルで揚げ物をするメリットなどをご紹介します!

その他にもオリーブオイルについて調べてみたので、ご覧ください。

 

オリーブオイルで揚げ物をするメリットと再利用の方法は?

 

それでは、オリーブオイルで揚げ物をするメリットを発表していきます♪

 

・オリーブオイルで揚げ物をするとカラッとした仕上がりに♪

 

オリーブオイルはサラダ油よりも具材に油が浸透しにくいため、カリッと仕上がります。

揚げ物特有の油感が苦手な方には、良さそうですね。

 

・オリーブオイルは酸度が低いため、酸化しにくい!

 

酸化しにくいということは、揚げ物のサクッと感や味が長持ちしやすいということです。

揚げ物はすぐにヘタってしまうので、少しでも酸化を抑えられるのは嬉しいですよね♪

 

オリーブオイルで揚げ物をするときの注意点

まず、オリーブオイルは酸化しにくい、ピュアオリーブオイルを使うといいでしょう。

油には熱すると煙が出る「発煙温度」というものがあって、新しいピュアオリーブオイルは210°、エクストラバージンオイルは170°です。

ピュアオリーブオイルのほうが

値段も安く、発煙温度も高いので揚げ物に適していますね。

 

オリーブオイルの再利用の方法は?

サラダ油から比べると倍以上の値段のするオリーブオイル!

揚げ物1回しただけで捨てちゃうのはもったいないですよね。

 

オリーブオイルは揚げ物に使った後も再利用することができます♪

ただし、使った後は酸化が進みやすいので、できるだけ早めに使ってくださいね。

 

また、オリーブオイルの再利用は3~4回までにしておきましょう。

保存方法は、密封し冷暗所などにおいておくと傷みにくいです。

揚げ物にも利用できますが、色が悪くなることもあるので、炒め物に使ったほうがいいと思います。

 

オリーブオイルとサラダ油を混ぜるのはアリ?揚げ物がおいしくできる?

 

オリーブオイルとサラダ油を混ぜるのは…OK!

むしろ、人によっては好みの方も多いそうです。

 

オリーブオイルをよく使うフランスでは、

ひまわり脂とオリーブオイルを合わせたオイルが販売されているそうですよ。

 

合わせたオイルが販売されているということは、美味しく仕上がるということでしょう。

 

食べ慣れていないと最初は風味に違和感があるかもしれませんが、

慣れてしまえばサラダ油オンリーよりサッパリしていて食べやすいと思います。

 

ちなみに、油の中にはオリーブオイルと同じく、混ぜると美味しくなる油があります。

 

・ごま油(香りの良さが引き立つ。ただし食材を選ぶため気を付けてください。)

・ココナッツオイル (油切れもよくなり、サクッとした仕上がりに。)

 

逆に混ぜるとアウトな油は、アマニ油、えごま油、炒め用油など。

原材料にレシチンや乳化剤が書いてあるものも避けた方がいいそうです。

 

油を混ぜる際は、参考にしてみてくださいね。

 

☆     ☆     ☆

我が家ではもったいないので、今までオリーブオイルは揚げ物に使っていませんでした。

でも、揚げ物をしてみると…唐揚げが思った以上にカラッと揚がって、家族にも好評!

 

ちょっと高いオリーブオイルですが、上手に再利用しちゃえばいいので、

揚げ物にもバンバン使っていこうと思います(#^.^#)

 

まとめ

 

 

オリーブオイルで揚げ物をすると、

サラダ油よりもサッパリとサクッとした仕上がりになります。

油っ気が苦手な方には、丁度いい感じになるでしょう。

 

オリーブオイルだけではサッパリし過ぎかな?

オリーブオイルのみは贅沢かも…?と感じる方はサラダ油と混ぜてみてください。

オリーブオイルオンリーよりも味わい深くなると思うので、おすすめです♪

 

揚げ物をする際は、是非オリーブオイルを使ってみてください♪

普段とは違った食感や風味が楽しめるでしょう!

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました