おもちゃかぼちゃは食べられる?食べられる種類と食べ方を紹介!

ハロウィンで飾った可愛いおもちゃかぼちゃ!

ハロウィンが終わった後、どうしてますか?捨ててしまうのはもったいないし、

かぼちゃだし食べれるのだったら、食べたい!!

 

今回は、ハロウィンのおもちゃかぼちゃ、食べられる種類や食べ方を紹介します。

 

ハロウィンで飾ったかぼちゃは食べれる?

ハロウィンの時にかぼちゃをくりぬいて作る「ジャックオーランタン」

飾った後の、かぼちゃは食べられるのでしょうか?

 

小さいおもちゃかぼちゃといわれるかぼちゃは食べられません(>_<)

試しに食べた方もいますが、

・皮が分厚く、固すぎて包丁を入れることが出来ない!

・観賞用のため、果肉が少なく食べるところが少ない!

・苦さや臭さはないけど、味も風味もない!

とのこと、食用には向かないようです。

 

ハロウィンで飾るかぼちゃで食べられる種類のかぼちゃは「プッチィーニ」「坊ちゃんかぼちゃ」

 

 

プッチィーニ

プッチィーニは手のひらサイズの可愛いかぼちゃ。

色は淡い黄だいだい色、大体果肉は200gから300gくらい。

一見おもちゃかぼちゃのようですが、味は粉質性が強くて、独特の甘みがあり、おいしく食べられます。

 

おすすめの食べ方は

グラタン

中身をくりぬいて、グラタンの具を入れて、オーブンで焼きます。

 

スープ

中身をくりぬいて、実を裏ごししてスープに!

 

プリン

中身をくりぬいて、実を裏ごしし牛乳や卵、砂糖などとあわせてかぼちゃプリンに!

 

手のひらサイズの小ささがとっても可愛いので、くりぬいてかぼちゃを器にして、食卓に出せば、子どもも喜びますね。

 

坊ちゃんかぼちゃ

坊ちゃんかぼちゃは、重さ約500gくらい。

プッチィーニよりもやや大きめ。見た目は普通のかぼちゃと似ていますが、サイズは半分以下のプチサイズです。

 

驚くのはその栄養!

普通のかぼちゃも栄養満点なのですが、坊ちゃんかぼちゃは更に上をいってます。

普通のかぼちゃに比べてビタミンAの効力が約3~4倍、糖質やたんぱく質も多く含まれています。

そして、味も甘くてホクホク!の小さいけどスゴイかぼちゃです。

 

食べ方は、プッチィーニと一緒で、くりぬいてグラタン、スープ、プリンなどのスイーツにしてもいいですし、

普通のかぼちゃのように、切って煮物にするのもおいしいです。

 

簡単に食べる方法として、

まるごとの坊ちゃんかぼちゃをラップで包んで、電子レンジで7〜8分加熱します。

これだけで、ホクホクおいしく食べて頂けます!

食べられないおもちゃかぼちゃはハロウィンのあとどうする?

坊ちゃんかぼちゃやプッチィーニなどおいしく食べられるものはいいのですが、食べられないかぼちゃは飾った後どうしたらいいのでしょうか?

 

もったいないし、残念ですが、食べられないものは処分するしかなさそうです。

もし、包丁が通りそうだったら、薄く切って、庭に埋めて肥料として活用する方法もありますが、おもちゃかぼちゃは固いものが多いので、無理しないようにしてくださいね。

 

♬     ♪     ♬

いかがだったでしょうか?

ハロウィンで飾り付けしたかぼちゃを後日食卓に並べ、またまたハロウィンを楽しんじゃいましょう♬

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました