ピアスの穴が塞がった! もう一度開けたい時はどうする?

雑貨屋に行くと可愛いピアスがたくさん並んでいます。

ピアスはイヤリングよりもたくさん種類もあって

選ぶのも楽しいですよね。

オシャレな女性にはかかせないファッションアイテムの1つです。

 

気に入ったピアスを見つけて

久々に着けようと思いきや、

ピアスの穴が塞がってしまっていた・・

ということありませんか?

 

今回はピアスの穴が塞がってしまったというあなたのために

自分でできる復活方法について

注意点などもあわせて

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

ピアスの塞がった穴は復活できる?開け直しする?

 

ピアスの穴は、

見た目では塞がってしまっているように見えても

実際はまだ完全に塞がっていない可能性があります。

 

まずは先端の丸い1番細いピアスを入れてみましょう。

 

その際、潤滑油代わりにオイルやクリームなどを塗って

滑りをよくしておきましょう。

表から刺しても通らない場合は

裏からも刺してみましょう。

 

一気に貫こうとすると痛みが伴うので、

何度もクリームを塗り、

ゆっくりと表や裏からジワジワ薄い膜を破るように

押し進めていきましょう。

 

耳たぶを引っ張ることで肉が薄くなり

貫通させやすくなるようです。

もし貫通させることができたら、

しばらくつけっぱなしで生活してください。

 

また貫通させる時、何度も手で触っているので

マキロンなどで必ず消毒しましょう。

 

以上のことを試しても貫通できなかった場合は

無理をせず、

別の場所に開け直すようにしましょう。

 

またしこりがある場合は

再び穴を開ける前に

病院で診てもらうことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

病院にいった方がいい?しこりがある時はどうする?

 

ピアスをするようになってから

しこりができるようになったという人は多いと思います。

 

このしこりというのは

ピアス穴を開けた時にホールの内側にできた新しい皮膚が

内部で固くなったもので、

ピアスをしている人のほとんどができるものなのです。

 

しこりを取り除くことはできませんが、

放っておいても特に心配はいりません。

 

しかし中には危険なしこりもあり、

触ると痛みを伴うしこりの場合は注意が必要です。

 

しこりの中で

粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれるものがありますが、

これは良性腫瘍です。

 

皮膚の深い部分にある袋に

古い角質や老廃物がたまることによってできます。

良性なので放置していても問題ない場合も多いですが、

どんどん大きくなってくる場合もあるので、

その場合は病院で受診するようにしましょうね。

 

粉瘤の他に注意が必要なしこりが

肉芽(にくが)です。

肉芽とは炎症性の腫瘍の1つです。

 

人の体は異物入ってくると、

免疫細胞を出したり体温を上げたりして

細菌やウイルスを殺そうとします。

 

この場合ピアスが異物として判断され

体が炎症反応を起こしているのですが、

ピアスは外から刺さっているものなので

排除することができません。

 

そのため体が異物を隔離しようとして

肉芽を形成するのです。

 

肉芽を治すには、まず原因となるピアスを外しましょう。

ピアスを別のものに変えるだけで治まる場合もあります。

ピアスの使用をやめても治らない場合は

病院に行きましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回はピアス穴がふさがってしまった時の復活方法についてお伝えしましたが、

完全に穴が塞がっている場合は復活できないので

無理そうだったら別のところに開け直すようにしましょう。

 

ピアスホールのところにしこりが出来たということもよく聞きます。

しこりもいろいろなものがあり、

一概にこれが原因ということはできません。

 

問題のないケースが大半ですが、

もし痛みがあったり、大きくなってきた場合は

病院で診てもらってくださいね。

 

ピアスが塞がる期間は早い人で1週間遅い人では半年くらい、大抵のかたは1ヶ月位放っておくとピアスが通りにくくなるのだそうです。

 

仕事などでピアスがつけられなくなって、ふさがってしまう方も多いかと思います。

そんな時は目立たない透明のピアスもありますので、使ってみるのもいいかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました