赤ちゃんが寝る時暖房はつけっぱなしにする?上手なエアコンの使い方

冬はお部屋の中も寒くなるので、赤ちゃんの体温が気になりますよね。

日中、エアコンをつけている家庭も多いかと思います。

 

ところで寝てる時の暖房はどうしていますか?

赤ちゃんは寝相が悪いので、夜中に布団がはだけてしまい、手足が冷たくなっていることがあります。

夜、エアコンをつけっぱなしにして寝ないと赤ちゃんが寒くて風邪ひいてしまうのでは?なんて考えてしまいます。

 

でも、実はつけっぱなしはよくないんです!

 

今回は暖房をつけっぱなしにしない方がいい理由と、上手なエアコンの使い方について紹介します。

 

赤ちゃんが寝る時エアコンはつけっぱなしじゃないほうがいい理由!

たとえ冬の寒い時期でも、赤ちゃんが過ごす部屋に暖房のつけっぱなしは、よくありません。

 

赤ちゃんは、大人よりも基礎代謝が活発なため必要以上に温める必要はないのです。

エアコンをつけっぱなしにしていると空気が乾燥して、赤ちゃんの皮膚はカサカサになってしまいます。

また、乾燥している空気にはウイルスが繁殖してしまうので、インフルエンザやRSウイルスにかかりやすくなります。

 

エアコンの乾燥を防止!

加湿器を使ったり、濡れたタオルをハンガーにかけて赤ちゃんの近くにつるしておくと、乾燥を防げます!

 

赤ちゃんがいる部屋で上手なエアコンの使い方とは!

 

暖房を使いたいけど乾燥が気になります。でも、つけないと寒くて体冷えちゃうと悩みますよね。

赤ちゃんがいる部屋で、暖房のつけっぱなしはよくありませんが、

タイマー機能を使うのはおすすめです。まずは、

 

・赤ちゃんが熟睡するまでの1~2時間で切れるようにする

・赤ちゃんが起きる時間の1~2時間前につけて暖めておく

 

という方法をとってみてください。

 

もし、暖房が消えた後、赤ちゃんの寝冷えが心配な方はスリーパーがお勧めです。

 

スリーパーはパジャマの上から着せるベストのような形のもの。

袖なしのベストの形が多いのですが、全身をおおうようになっているので、お腹が冷えません。

 

簡単な作りなので、手芸上手な方でしたら手作りできそうですね♬

☆     ☆     ☆

いかがだったでしょうか。

暖房のつけっぱなしはよくないですが、タイマーを使えば、赤ちゃんに快適な環境をつくってあげられます。

上手に使って寒い冬を乗り切りましょう!

 

あと一つ気を付けて欲しいのが、エアコンのお掃除です。

掃除が行き届いてないと、エアコンの中のカビやホコリ、ハウスダストなどを一緒に部屋の中にまき散らしていることになって、赤ちゃんがそれを吸い込むと思うと・・嫌ですよね(>_<)

フィルターはこまめに掃除して、本体のクリーニングは年1回くらいはするようにしたいです。

 

 

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました