ピアスホールの完成を見分けたい!確実な方法はコレだ!

ピアスホールの完成の見分け方をご存知でしょうか?

また、安定するにはどれくらい期間が必要なのかも気になると思います。

 

ピアスが初めての方だと、基準がわからないので判断も難しいです。

ネットでも色々な情報があるため、どれを信じればいいの?と思います。

 

今回は、ピアスホールが安定している判断基準や、

ピアスホールの完成を早める方法をご紹介します♪

 

ピアスホールが安定しているとする判断基準とは?

 

ピアスホールが安定しているか判断する基準は4つあります。

 

血や体液か出ていないか?

ピアスを開けた当初は血が出ます。

血が出るのが収まってくると、体液が出来ます。

体液の量などは個人差がありますが、なるべく放置しておきましょう。

 

化膿していないか?

血が収まったと思ったら、耳たぶがはれ上がり膿が出て化膿する時があります。

もし対処しても悪化する場合は、病院へ行きましょう。

 

ピアス部分を刺激したり、軽くずらしても痛みはないか?

開けたばかりだと、少しの衝撃で痛みます。

ピアスホールが完成してくると、多少の衝撃は傷みません。

 

ピアス穴がある皮膚が凹み、ピアスホールとの間に余裕があるか?

ピアスホールが完成してくると、ホールに沿って皮膚が凹みます。

またホールにそって間に余裕ができるので、確認してみて下さい。

 

ピアスホールが完璧に完成するのは6ヶ月ほどがかると言われています。

私もボディピアスをしていますが、箇所によっては1年ほどかかりました。

個人差があるので、ゆっくりと様子を見てみましょう。

 

ピアスホールの完成を早める方法ってある!?

 

ピアスホールの完成を早める方法をご紹介します♪

 

ピアスは本体、軸、留め具全てを純チタン製のものにする

 

金属アレルギーを防ぐためにも、純チタンをおススメします。

最初は、ボディピアスで純チタンのものがいいでしょう。

 

ゲージはなるべく太めに開ける

開ける箇所にもよりますが、耳たぶであれば16Gがいいでしょう。

細いものを選ぶと、ホールが塞がりやすいことがあります。

 

長さは、8㎜以上にする(できればキャッチの留め具から+3㎜)

長さに余裕があることで、お手入れも楽になります。

狭いものを選ぶと、汚れが詰まりやすくなることがあります。

 

もしセルフでピアッシングするのが怖い方は、病院でしてもらうのもいいと思います。

また、ピアススタジオもあるので、興味がある方は調べてみて下さい♪

 

[quads id=1]

さいごに

 

ピアスホールが安定している判断基準や、

ピアスホールの完成を早める方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

安定しているか判断する基準は、自分でも判断しやすいと思います。

また、わからないな~と思う場合は病院でチェックしてもらうのもいいと思います。

 

ピアスホールの完成を早める方法の一番は、金属アレルギーを起こさないことです。

ホールが完成するまでは、純チタンのものなどにするといいでしょう。

 

ピアスホールを完成させて、オシャレを楽しみましょう☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました