不要な郵便物を受け取り拒否する方法!相手にはどんな風に返還される?

身に覚えのない郵便物や、DMなど受け取りたくないものが届くことってありますよね。

知らない間に郵便受けがいっぱいになったりするので、迷惑に思う方も多いと思います。

 

知らないDMであれば、ゴミにもなるのでできれば受け取り拒否したいです。

そんなにゴミにもならなくても、地味に嫌ですよね・・・。

 

そこで今回は、不要な郵便物の受け取り拒否の方法や、その後についてご紹介します♪

 

スポンサーリンク

郵便物の受け取り拒否をする方法!

 

それでは、早速不要なDMや郵便物を受け取り拒否する方法をご紹介します♪

 

まず、郵便物の受取拒否をするために必要なもの2つあります。

 

・「受取拒絶」の文字が入っているメモ、付箋など

・受け取り拒絶をする方の印鑑(署名も可)を記載する

 

この2点が重要です。

どちらもすぐに用意できるものなので、簡単だと思います♪

 

届いた不要な郵便物に「受取拒絶」のメモや付箋を貼り付けます。

そして、自分の印鑑、署名(フルネーム)をすればOKです!

 

そこまですれば、配達担当者か郵便窓口に持っていけば、差出人に変換されます。

もしくは、郵便ポストに投函でも大丈夫ですよ♪

受取拒否できるのはあくまで郵便局が配達した郵便物です。

メール便や表に「これは郵便物ではありません」と表示されているものは

対象外です。

 

注意すること~開封後は返還できない!?~

DM以外にも、知らない郵便物などが届くことが稀にあります。

その場合、絶対に開封しないでください!

 

開封後は、受取拒絶が出来なくなります。

開封せずに、「受取拒絶」「印鑑・署名」をしましょう。

なぜ開封してはいけないの?

一見して不要な郵便物と分かれば、開封しないで受け取り拒否できますが、開封しないとわからない場合もありますよね。

 

でも、開封してしまうと、その郵便物の切手代が使われたことになります。

開封してから、返還しようと思ったら・・・

他の封筒に入れ直して、宛先を書き、切手を貼って送ることになります。

面倒ですね^^;

 

受取拒否出来ない郵便物がある!

郵便物の中には「特別送達」という、法律的に保護されているものがあります。

裁判所からの郵便物等です。

 

受け取らないと、裁判に影響がでますので、気をつけてください。

スポンサーリンク

受け取り拒否をした郵便物はその後どうなる?相手にどう返還される?

受け取り拒否をした後、そのまま返還されると思うと少し不安になりますよね。

その後、どうなるのかをご紹介します♪

 

返還した場合、「受取拒絶」のメモや印鑑・署名はそのまま返還されます。

なので、差出人側にはそのまま伝わるようですね。

郵便物は差出人に戻されますが、払った送料は戻ってきません。

不要なDMなどであれば、気に使う必要もないでしょう。

 

「受取拒絶」だけだと、強い言葉に感じる、と感じる方もいると思います。

その場合、「受取拒絶」のほかに理由などを書いても大丈夫だそうです。

 

「受取拒絶」「印鑑・署名」さえあれば、一言添えても返還されます。

気になる方は、一言添えるのもアリでしょう。

 

さいごに

郵便物の受け取り拒否の方法や、その後についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

受け取り拒否の方法は、

・開封しない

・「受取拒絶」のメモや付箋

・印鑑・署名をする

この3つを覚えておけば、簡単に手続きすることが出来ます。

 

また、その後については上記の3つがあれば、そのまま返還されます。

「受取拒絶」という言葉が強く感じる方は、一言添えるといいでしょう。

 

不要な郵便物に悩んでいる方は、是非参考ににしてみて下さい♪

最後まで読んでくださりありがとうございました。

昔の年賀状がたまっていく!捨てるタイミングや処分法を紹介!
年賀状はお正月の楽しみの一つです。 普段なかなか会うことができない知人の 近況を知ることができますし、 なによりも送ってもらえると嬉しいですよね。 毎年の恒例行事である年賀状ですが、 だんだん歳とともに...
年賀状だけの付き合いの相手に一言!どんな言葉を添える?
最近の年賀状はほとんどが印刷したものになっていますよね。 送る側にしたら印刷が楽だけど、受け取る側だとちょっと味気なく感じてしまいます。 印刷の年賀状でも一言添え書きがあると、ちょっと嬉しくなります。 私も年賀状に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました