お風呂の浴槽のふちの白い水垢が落ちない! 簡単にできる主婦の知恵袋

お風呂のふちの水垢に悩む主婦も多いかと思いますが

そもそも水垢って何でしょうか?

 

水垢は簡単に言うと

水道水に含まれるカルシウムなどの

ミネラル分が固まったものです。

水自体は蒸発してなくなりますが、

その水に含まれているミネラルは残ってしまい、

それがどんどんと蓄積するとウロコ状の白い跡になってしまいます。

 

これがなかなか頑固で

市販の浴室用洗剤を試してみたものの

全く落ちなかった…

なんていう話も聞きます。

そこで今回は身近なもので

お風呂の水垢をきれいにする方法をご紹介します。

 

浴槽のふちについてる白い水垢汚れを取る方法!

 

汚れを落とすポイントは

アルカリ性の汚れには酸性のもの、

酸性の汚れにはアルカリ性のものを使って

中和させることです。

 

水垢はアルカリ性の汚れになるので、

酸性のものが有効になります。

水垢の掃除で効果的なアイテムはクエン酸です。

 

クエン酸というのは

梅干しや、柑橘類のフルーツに含まれている酸っぱい成分の元です。

100円ショップなどで手に入り、

消臭効果もあって重曹と並ぶ掃除のお勧めアイテムの1つです。

 

クエン酸がない場合は、お酢やレモン汁でも代用可能です。

クエン酸は粉末状で売られている場合が多いため掃除に使う際は

水に溶かしてスプレー容器に入れて使いましょう。

 

水100mlに対し、小さじ2分の1程度で十分です。

 

クエン酸水ができたら、

お風呂のふちの水垢が気になる部分に吹きかけ、

スポンジでこするだけで簡単に水垢が落とすことができます。

 

もしなかなか落ちない場合は

クエン酸水を吹きかけた後1時間ほど放置してから

こすってみてください。

 

クエン酸を掃除で使う時の注意点ですが

クエン酸自体は自然由来で環境に優しいものなのですが

「カビキラー」などの塩素系漂白剤と一緒に使うと

体に害のあるガスが発生して危険です。

掃除のときはいろいろな洗剤を同時に使わないように

してくださいね。

 

浴槽の水垢をつきにくくする!防ぐ方法とは?

 

水垢を防ぐには水気を残さないことです。

水気を切ることでカビ予防にもなります。

少し手間ですがお風呂を使った後は

スクイジーで水気を切るか、

乾いたタオルで拭いておくと効果的です。

 

またクエン酸スプレーをお風呂場に置いておいて

掃除の時に毎回吹きかけるのもいいと思います。

水垢は放置すると頑固な汚れになって取れにくくなりますが、

毎日のお風呂掃除でクエン酸を使えば

水垢が蓄積することもなくなります。

 

まとめ

 

今回はクエン酸を使ってお風呂のふちの水垢を落とす方法を

ご紹介しました。

 

お風呂は一日の疲れを癒す場所だからこそ

清潔に保ちたいものですね。

クエン酸は浴槽だけでなく

トイレやキッチンなどの水回りの掃除にも最適です。

ぜひいろいろな場所の掃除に試してみてください。

スポンサーリンク
掃除
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました