なかなか取れない!トイレ掃除で便座の裏の黄ばみや黒ずみの落とし方は?

トイレを掃除しようと思って

いざ便座を上げてみたら

裏側がすごい汚れていた・・

ということありますよね。

 

また長期間トイレ掃除を怠ってしまい、

便器の中に黒い輪っか状の汚れが

出てきてしまったということはありませんか?

 

トイレ内の主な汚れは黄ばみと黒ずみだと思いますが、

原因は何なのか?

どうやって掃除したらいいのか?

今回の記事でお伝えしていきます。

 

便座の裏の黄ばみや黒ずみを落とす方法!

 

トイレの黄ばみと黒ずみは別のものになるので

それぞれの原因と有効な掃除方法についてご説明します。

 

[黄ばみ]

トイレの黄ばみの原因は、

私たちの尿が飛び散ったりして固まってできた尿石です。

尿石は炭酸カルシウムなので

アルカリ性の性質をもっています。

 

つまり、酸性の洗剤が有効というわけです。

オススメの掃除方法はクエン酸を使ったやり方です。

 

クエン酸は

100円ショップなどで手に入り、

簡単に作れて消臭効果もあります。

 

クエン酸がない場合は、お酢やレモン汁でも代用可能です。

まずはクエン酸スプレーを作りましょう。

 

スプレー容器に

水200mlとクエン酸小さじ1杯を入れて混ぜるだけです。

 

トイレットペーパーにクエン酸スプレーをかけて、

それで拭いていきましょう。

 

だいたいのものはそれだけで落ちると思いますが、

頑固な汚れの場合は

クエン酸水を含ませたトイレットペーパーやトイレクリーナーを

湿布のように貼り付けて1~2時間ほど置いておきましょう。

 

最後に拭き取って仕上げです。

汚れがきれいに落ちていると思います。

 

[黒ずみ]

黒ずみの成分はカビやホコリです。

トイレ内は湿気が高いのでカビの温床になりやすいのです。

 

また先程黄ばみの原因は尿石だとお伝えしましたが、

黒カビは尿石の中にある成分を栄養として生えてくるので、

黄ばみを放っておくと必然的に黒ずみも出てきてしまうのです。

 

黒ずみの汚れは酸性の汚れなので、

アルカリ性の洗剤を使用するのが有効です。

 

黄ばみにはクエン酸でしたが、

黒ずみ汚れにオススメなのは重曹です。

 

黒ずみのあるところに粉のまま振りかけてもいいですし、

重曹スプレーを作って吹きかける方法でも

かまいません。

 

スプレーを作る際は水200mlに対し、

重曹は大さじ1杯程度です。

黒ずみの気になるところに吹きかけて

トイレブラシでこすりましょう。

 

重曹にも消臭効果があるので

におい対策にもなります。

 

便座裏の汚れ防止にオススメなのは?

 

便座裏の主な汚れは黄ばみですが、

黄ばみの予防方法は簡単で、

クエン酸スプレーをかけておくだけです。

 

これでだいぶ黄ばみの予防になります。

黄ばみを予防することによって

結果的に黒ずみを予防することにもなります。

 

トイレ便器内の黒ずみ予防には

重曹を振りかけておくと効果的です。

 

まとめ

 

黄ばみ汚れは尿石、

黒ずみはカビが主な原因です。

 

こまめに掃除することがきれいを保つ1番の方法ですが、

忙しくてなかなかできない場合は

クエン酸を吹きかけておくだけでも汚れ予防になります。

 

クエン酸と重曹をうまくつかって

きれいなトイレを保っていきましょう。

スポンサーリンク
掃除
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました