旦那の実家に帰る時手土産って 毎回いるの?おすすめ手土産も紹介!

皆さんは旦那さんの実家へ行くとき手土産は

どうしていますか?

旦那さんの実家だと

色々と気を遣いますよね。

 

実家が遠くてお盆とお正月ぐらいしか

帰らないというのならともかく、

家が近くて頻繁にお邪魔する場合は

毎回必要なのかな?

と思う方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

旦那の実家への手土産は毎回必要なのかについて、

手土産の相場やオススメの品と併せてご説明していきます。

 

手土産って実際の所どうしてる?毎回のように準備する必要ある?

 

まずは、手土産は毎回持っていくべきかについてですが、

義実家に行く時は、頻度に限らず必ず持っていく

という人がほとんどでした。

 

旦那の実家だからというよりは

人の家へお邪魔する時は手土産を持っていくのが

マナーだと考えている人が多いようです。

 

私自身も手土産は毎回持参した方が良いと思います。

お家にお邪魔するという事は、

義両親も掃除をしたり飲み物や食べ物を用意したり

なにかと準備をしてくれているはずです。

 

そう考えると向こうにだけ気を遣わせ、

こちらは手ぶらというのはちょっと気まずいですね。

持っていくか迷うぐらいなら

少しでも何か持って行った方が安心です。

 

たとえ姑から「持ってこなくていいわよ」と言われても

念のために持って行くようにしましょう。

 

義実家への帰省にピッタリ?手土産でおすすめなのはこれ!

 

では具体的どういったものを持っていけばいいのでしょうか?

 

まずは手土産の値段についてですが、
1、2ヶ月に1回程度でしたら1000円~3000円程度、

月に1回以上でしたら1000円程度が相場なようです。

 

始めに無理をして高めの手土産を持って行ってしまうと

それが基準になってしまうので注意してくださいね。

 

手土産でオススメなのは

・義両親の好物
・特産品や名産品
・少し高級なお茶
・果物
・お菓子の詰め合わせ

になります。

 

実家に行く機会が多いという方は

1000円ぐらいで買えるお菓子の詰め合わせが良いかと思います。

また義親がお茶よりコーヒーの方が好みならコーヒーでもいいですし、

紅茶も可愛いパッケージの物がたくさん売られているので

ちょっとオシャレな手土産になりますね。

 

ご飯をごちそうになる場合はふりかけやお酒を持っていくのも

いいと思います。

果物はデパートで旬の物を買って持っていくのがオススメです。

 

また手土産を持っていくとき、孫の写真も一緒に持っていくと

喜ばれますよ。

 

まとめ

 

今回は義実家への手土産についてまとめてみました。

義両親と良好な関係を築いていくためにも

訪問するときは手土産を持参した方が安心ですね。

 

手土産と言うのはあくまで気持ちなので

値段や物に特に決まりがあるわけではありません。

相手が喜んでくれて、自分自身も負担にならないようなものを

選ぶのがいいですね。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました