知らなかった?!スノーブーツと レインブーツ(長靴)との違いって?

スノーブーツというものをご存知でしょうか?

雪がめったに降らない地域に住んでいる方には

馴染みがないものですね。

 

首都圏に住んでいる方だと

スキーやスノーボード、アウトドアが趣味でない限り、

持っている人は少ないかと思います。

しかし雪が降る地域ではスノーブーツは必須です!

 

雪がほとんど降らない地域から

東北や北海道に転勤になった方は

初めての冬を越す時スノーブーツを買うべきか迷うかもしれません。

 

雪が降ったとき

「普通の長靴ではダメなの?」

と思っている方もいるかと思います。

 

そこで今回はスノーブーツの特徴と

レインブーツとの違いについて詳しくご説明します。

 

スポンサーリンク

スノーブーツとレインブーツの違いは?

スノーブーツとレインブーツの特徴を紹介します。

スノーブーツの特徴

 

スノーブーツは簡単に言うと雪道専用のブーツになります。

 

スノーブーツは靴内のボア加工や優れた通気性・保温性により、靴内を暖かく保つ機能を持っています。

また靴底もしっかりしており滑りにくいのが特徴です。

もちろん防水効果もあります。

 

デザインも大きくてちょっとゴツゴツしたものから、スタイリッシュなもの、動きやすいものなど

いろいろなデザイン・機能性を持ったスノーブーツがあります。

 

本格的な雪山対策のスノーブーツだと、なんとマイナス40度にも対応してくれるんですよ。

 

レインブーツの特徴


一方雨の日専用、いわゆる長靴がレインブーツです。

長さはくるぶしくらいから膝下くらいまであって

レインブーツの主力は撥水になります。

 

防水はしっかりしていますが、

防寒機能やすべり止め機能はありません。

 

レインブーツはもともと雨の日の作業用に作られたものなので、ゴツゴツしたイメージでしたが、

最近では、防水性だけじゃなくファッション性にも優れたものが多く、おしゃれなものが多くなりました。

レインブーツには見えないような、おしゃれなブーツのようなデザインのものもあって、雨が降ってない日に履いていても違和感がないですよね。

 

ファッション性にも優れたものが多いレインブーツですが・・・

スノーブーツとレインブーツは別物と考えていいでしょう。

 

スポンサーリンク

レインブーツはスノーブーツの代用に出来る?

 

基本的にレインブーツはスノーブーツの代わりにはならないと考えた方がよいでしょう。

 

レインブーツは雪や氷の上での使用はほとんど考慮されていません。

レインブーツを雪の日に履いたら

ブーツの表面が凍ってしまって、

その部分の生地が裂けてしまったという方もいます。

 

雪がたまにしか降らず、

積もったり凍りついたりすることが少ない地域であれば

レインブーツでしのぐことも可能かもしれません。

 

雪が毎年積もるような地域では、

やはりきちんとしたスノーブーツが必要かと思います。

 

特に北海道では雪を通り越して氷になることが多いため

普通のレインブーツでは滑って危険です。

 

そして、雪道を歩くと思いの外、足元が冷えるので、靴の中がボアになっているスノーブーツを履いた方がいいかと思います。

 

雪が積もる地域に引越してきたものの

スノーブーツをまだ持っていないという方は

冬が来る前に購入しておきましょうね。

 

スキー場に出かけるときも

ゲレンデの周りは雪が積もっていたり、雪がとけてビショビショになっていたりすることもあるので

一足、あった方が良さそうです!

スポンサーリンク

まとめ

 

スノーブーツは高い耐寒性をもっており、

滑りにくい作りになっています。

 

デザイン性が高いスノーブーツもたくさん販売されており、

雪の日はもちろん、雪が降っていない日でも

履けるようなオシャレなものもあります。

 

なにしろ暖かいので冷えやすい女性にはありがたいですね!

 

雪が積もらない地域にお住いの方でも

寒さ対策として1足持っておくのもいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました