パカパカ脱げる! フラットシューズのかかとが脱げるのを防ぐ方法は?

歩くたびにパカパカかかとが脱げてしまうと

歩きにくいし、転ぶ危険もありますし

なんとかしたいですよね。

 

靴と言ってもいろいろありますが、

特にパンプスやバレエシューズのような

ヒールの低い、フラットな靴の方が脱げやすいようです。

 

そこで今回は靴が脱げてしまう原因とその対策について

ご紹介します。

靴のかかとが脱げる原因って何?

 

靴のかかとが脱げてしまうのは

サイズが合っていないからになります。

「でも試着した時はピッタリだった」と言う方も多いかと

思います。

どういうことでしょうか?

 

実は足のサイズと言うのは

時間帯によって変化します。

 

夕方になるほどむくんでいくので、

夕方履いた時はピッタリだったのに、

日中履いてみたら緩かったという事態が起きてしまうのです。

 

またたとえサイズが合っていたとしても、

足の形や靴の形によっては脱げやすい場合があります。

 

たとえばかかとが小さい人の場合、

普通の人より脱げやすくなります。

 

またフラットな靴の場合、

足の動きに合わせて靴が曲がってくれないことが多いため、

足だけが曲がってかかとが抜けてしまうのです。

 

フラットシューズが脱げる時の対処法

 

最初からかかとが脱げないように

サイズの合うものを選ぶのが1番です。

 

夕方靴を買いに行くときは、あまりゆとりのある靴を買ってしまうと

日中パカパカしてしまう可能性があるので

ピタッとしたものを選ぶのがいいでしょう。

 

またかかとが脱げないようにベルトが付いている靴を

選ぶのも1つの手です。

 

ではすでに買ってしまった場合はどうしたらいいでしょうか?

購入した靴がパカパカしてしまう場合の対処法について

ご紹介します。

 

・中敷きを詰める

1番簡単にできる方法です。

100均でもつま先に入れるクッションや

かかとに貼るクッションというのも売っています。

 

・ベルトを付ける

もともとベルトが付いている靴もありますが、

後から自分で付けることもできます。

シューズバンドやパンプスベルトを使って足と靴が

離れないようにするのも1つの手です。

 

・いざという時は絆創膏、もしくはティッシュで応急処置!

出先で困ってしまった場合にできる応急処置をご紹介します。

まずはかかとに絆創膏を貼って隙間を埋める方法。

絆創膏もないという場合は、ポケットティッシュを

つま先に詰めるという手もあります。

 

これは出先で靴がパカパカしてしまった時の応急処置で、

あくまでその場しのぎなので、

家に帰ったらきちんと対策をしましょう。

[quads id=1]

まとめ

 

靴を選ぶというのは難しいものです。

サイズが同じでもデザインによって

履き心地が違ってきたりします。

 

心配な時は購入するとき店員さんに見てもらうのがお勧めです。

もしすでに購入してしまった靴が脱げるという場合は

今回ご紹介した方法を試してみてください。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました