黒豆を煮ると皮がむけるのはなぜ?!ふっくら仕上げる黒豆の煮方も紹介!

年末になると、おせち料理のメニューを考え始めると思います。

おせちといえば、黒豆煮は欠かせませんよね!

 

私もよく黒豆煮を作るのですが、一つ悩みがあります。

皆さんも経験があると思うのですが、黒豆の皮、破けたことはありませんか?

 

今回は、黒豆の皮が破ける原因や、黒豆の戻し方と煮方についてご紹介します♪

 

スポンサーリンク

おせちの黒豆の皮が破ける原因は?

 

黒豆の皮が破れてしまう原因は、いくつかあります。

 

・黒豆を長時間漬けた場合

黒豆は、長時間漬けてしまうと、皮が破れてしまう場合があります。

黒豆の身が皮より先に水分で膨張すると、皮が破けてしまいます。

 

漬ける時間は約6~8時間

昔から言われているように、だいたい一晩漬ける感じですね。

 

・圧力鍋での加圧時間が長い

長い時間コトコト煮込んで作る煮豆ですが、圧力鍋を使うと時短で出来上がります。

 

便利な圧力鍋ですが、豆が新しいと、圧力がかかりすぎて破れることがあります。

新しい豆の場合はレシピより少し短めに圧力をかけましょう。

 

・傷がついている豆を取り除いていない

傷がついていると、もちろん皮が破けてしまいます。

水洗いする時に、取り除いておいてください。

 

スポンサーリンク

黒豆の皮がシワになる原因は?

黒豆を煮ていると皮が破ける他にも、シワになってしまうこともあります。

シワになる原因は・・・。

 

・黒豆が空気に触れてしまった

黒豆は空気に触れるとシワになってしまいます。

煮る時は煮汁がなくならないように、さし水をするといいですね。

黒豆より3cm以上上に煮汁があるようにしましょう。

 

落し蓋をしておくと、黒豆が煮汁の外に出なくなるし、煮汁が全体に回って味が染み込みやすくなります!

 

スポンサーリンク

これで破れない?黒豆の戻し方と煮方!

せっかく時間をかけて作る黒豆ですから、皮が破けないようにふっくらと仕上げたいですよね。

上手に黒豆を煮る方法を紹介します!

黒豆の戻し方について

 

最初に、虫食いや傷ついた豆を取り除きながら水洗いしましょう。

この時にプカッと浮いてくる豆も取り除きましょう。

 

その後、たっぷりと水を入れて下さい。

6~8時間水につけると、豆が膨張してきます。

できるだけ、豆が浮いてこないようにたっぷりの水につけて下さい。

 

黒豆の煮方について

 

戻し終わったら、ザルにあげます。

 

よく水を切ったら、鍋に移し替えて下さい。

そして、中火で沸騰させます。

煮ているとアクが浮いてくるので、できるだけ取りましょう。

 

その後は落し蓋をして弱火で煮ていきましょう。

 

落し蓋をすることで、豆もプカプカしにくく皮も破けにくくなります。

この時も、水面から豆が出ないようにしましょう。

 

大体30分ほどで、豆がつぶれるようになります。

 

ここで注意して欲しいことがあります。

煮ている時に、かき混ぜるのはNGです。

皮が破けてしまう原因になってしまいます。

 

また、重曹をいれると皮が柔らかくなり破けにくくなります。

使ってみるといいかもしれませんね♪

 

[quads id=1]

 

スポンサーリンク

さいごに

 

黒豆の皮が破ける原因や、黒豆の戻し方と煮方についてご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

黒豆が破ける原因を見ると、思い当たるものがあると思います。

原因がわかることによって、対策もしやすいですよね。

私も気を付けたいと思いました。笑

 

そして、戻す時に痛んでいるものを取り除くだけでも見違えると思います。

 

また、黒豆を煮るときは、個人的に重曹をおすすめしたいです!

手に入りやすいですし、なにより簡単そうですよね♪

 

黒豆の皮について悩んでいる方は、是非参考ににしてみて下さい☆

 

黒豆は毎日食べると体にいいってホント?驚きの栄養効果とは!

 

乾燥した黒豆が賞味期限切れ?!見た目なんともないけど食べられる?

 

おせちは重箱にいつ詰める?おせち作りの手順とポイントを伝授!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました