新しいタオルの毛羽立ちを取る方法!コロコロで取る?洗い方のコツも紹介

引っ越しの挨拶や抽選会などでの景品など、ちょっとした贈り物などでタオルを貰う事って結構多いですよね。

 

でも、新しいタオルっていざ使ってみると毛羽立ちや毛羽落ちがすごくて、肌にくっついたり、洗濯物が毛だらけになってしまう、なんてよくあることです。

 

そこでここでは新しいタオルの毛羽立ちを取る方法をお教えします!

スポンサーリンク

どうして新しいタオルは毛が出やすいの?

洗濯をするとついてしまう毛のことを「毛羽落ち」といいます。

この毛羽落ちの原因は、タオル製造するにあたっての過程でついた糸くずやほこりなどなのです。

また、新しいタオルは古いタオルに比べて繊維が多いために落ちる毛の量も多くなってしまうんです。

 

スポンサーリンク

新しいタオルの毛羽立ちを取る洗い方

毛羽立ちの多い少ないはあれど、どんなに高いタオルでも、最初は毛羽立ちするようです。

では、手触りなどの風合いを生かしたまま毛が出なくするにはどうすればいいのでしょうか。

 

たっぷりの水で洗濯する

初めてタオルを洗濯する時はたっぷりの水で、タオルだけで洗濯をします。

 

洗濯をすることで余計なほこりなどを落とし、落ちやすい毛を落とすことで、使用時に毛がつくことを防ぐことが出来ます。

新しいタオルは洗濯のりがついていることが多いので、洗濯によってこの洗濯のりも落とすことが出来るので、吸水性も上げることが出来ます。

タオルの種類にもよりますが、3回ほど洗えばある程度の毛を落とすことが出来ますよ。

 

柔軟剤を使わない

じゃあ新しいタオルをただ洗濯すればいい、という事でもないんです。

実は洗い方にも注意しなければいけない点があるんです!

 

それは、「柔軟剤を使わない」ことなんです。

タオルをふんわり仕上げたい気持ちもわかるのですが、最初の洗濯では使わない様にしましょう。

 

柔軟剤には繊維に油のコーティングをしてふんわりと仕上げる役割があります。

ですがその役割のせいで、タオルの繊維が滑りやすくなって糸が緩み抜けやすくなってしまうのです。

ですから、ある程度タオルを使用し、毛が落ちなくなってから柔軟剤を使う様にしましょうね。

 

洗濯ネットは使わない

また、布同士がこすれ合い生まれる摩擦でも毛が抜けやすくなってしまいます。

 

洗濯ネットに入れてタオルを洗濯すると・・・摩擦でタオルが毛羽立ちや毛羽落ちをしてしまいます。

タオルを摩擦から守るためにも、最初の洗濯は洗濯ネットに入れないようにしましょう。

さらに、少ない水で洗うと、布同士が擦れやすくなるため、多めの水で洗う事で摩擦を減らすことが出来るんです。

こういったちょっとした工夫もタオルを長持ちさせるのに必要になります。

 

スポンサーリンク

洗濯しても毛羽立ちする時はコロコロを使う?

洗濯しても毛羽立ちや毛羽落ちする時は、コロコロの粘着テープで取るのいいでしょう。

でも、コロコロのテープの量も結構必要になってしまいます。

 

そんな時はエチケットブラシを使って、表面をこすったら簡単に落とせますよ。

エチケットブラシは100均でも売っていますね。

スポンサーリンク

毛羽落ちしにくいタオル

新しいタオルを3回も洗濯するのはちょっと面倒ですよね。

自分で購入する時は毛羽立ちしにくいタオルを選ぶのも1つの方法です。

 

固めの綿タオル

しっかり糸をねじって作った撚りの強いタオルです。

パイルが長いタオルのほうが毛羽落ちしにくい。

 

ガーゼタオル

使えば使うほど、柔らかく吸水性も高くなります。

肌触りもいいので赤ちゃんにも最適ですよね。

毛羽立ちしやすいタオル

無撚糸タオル

綿糸をねじらないで織り込んで作ったタオルです。

綿糸のねじりが弱いので、糸がほつれやすく、毛羽立ちがしやすくなります。

 

パイルカットタオル

タオルの表面の綿糸のわっかを切ったものがパイルカットタオルです。

パイル部分を切っているので、繊維くずがとれやすくて、毛羽立ちしやすい。

スポンサーリンク

まとめ

新しいタオルは、多めの水で何回か洗濯することで、毛を落ちにくくすることが出来ます。

また、初めての洗濯の際には柔軟剤や洗濯ネットは使わないようにしましょう。

 

毛を落ちにくくするという事は、タオルを長持ちさせることにも繋がります。

新品のタオルですから長く使いたいですよね。

もしタオルを頂いたら、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

♪楽天で毛羽落ちや毛羽立ちの少ないとレビュー評価が高いタオルです!色も可愛い♪

 

スポンサーリンク
洗濯
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました