ドラム洗濯機で靴や上履きの洗濯しても大丈夫!?脱水はできるの?

子供が保育園や幼稚園に通っていると、定期的に上履きを持ち帰り洗います。

 

室内で履いているにもかかわらず、上履きは意外と汚れています。

綺麗にしてあげなきゃと思うのですが、上履きや靴を洗うのは結構手間がかかり面倒です。

 

告白しますと私は、子どもが幼稚園から持ち帰った上履きを洗わないでそのまま持たせたこともあります・・・(^^;)

天候が悪かったり、忙しかったので(言い訳)

 

上履きや靴を衣類のように洗濯機でざぶざぶ洗えたら楽ですよね。

ここではドラム式洗濯機で靴や上履きを洗濯する時の注意点について紹介します!

 

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機で靴や上履きは洗えるの?

 

そもそも、ドラム式洗濯機で上履きや靴は洗えるのでしょうか?

 

結論から言うと

ドラム式洗濯機で靴を洗うことは可能です。

 

ただ、機種によっては洗わない方がいいものもありますし、洗う場合はあくまで自己責任となります。

洗う場合、注意点がいくつかあります。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機で靴を洗う場合、気を付けること

ドラム式の洗濯機で靴を洗う時、注意して欲しい点がいくつかあります。

靴ひもや中敷きをはずす!

靴ひもや中敷きはあらかじめ外しておきましょう。

砂や泥を落とす!

靴に付着している砂や泥は綺麗に落としましょう

一番大事なことがコレです。

 

砂や泥を落とさないでそのまま洗ってしまうと、洗濯機の故障につながります。

 

くつを洗うブラシ、使い古しのハブラシなどで汚れを落としましょう。

靴の裏にあるすべり止めに小石が入り込んでいる時がありますので、つまようじなどを使って出すようにしましょうね。

 

バケツに水を張って、洗剤と靴を入れて、数日付け込んでおくと汚れも落ちやすくなります。

 

洗濯ネットに入れる!

洗濯機で靴を洗う時、ネットに入れないと洗濯機のなかで靴が動き回って、ガランガラン音がしてしまいます。

 

100均でもスニーカー用の洗濯ネットを売っていますので、ネットに入れて洗濯しましょう。

 

洗濯機の水量は多めに!

靴を洗濯機で洗った時、少しでも洗濯機内で衝撃が少なくなるように、水の量を多めに調節しておくといいですね。

 

脱水と乾燥!

脱水も洗濯機ですることができます。

 

ただ、洗濯機や靴が傷む可能性があるので、脱水する時にはいらなくなったタオルで靴をくるみ、ゴムやひもで縛ってから3分程度脱水すれば、洗濯機も傷みませんし、タオルが水分を吸収してくれるので、乾きも早くなります。

 

私は、脱水は洗濯機ではしていません。

 

洗った靴はいらないタオルで全体的にふいて、100均の靴干しハンガーにかけて陰干ししちゃいます。

 

内側は新聞紙を丸めていれておけば、乾きが早いですよ。

 

 

乾燥機はかけすぎに注意した方がいいですね。

かけすぎると、衣類と一緒で縮んでしまいますので。

 

スポンサーリンク

さいごに

いかがだったでしょうか?

ドラム式洗濯機でも靴や上履きが洗えますが、靴の汚れをよく落として、洗濯ネットに入れて選択するようにしましょう。

 

靴を洗濯機で洗うと楽ですが、靴を洗った後、衣類を洗うことに抵抗がある方は、コインランドリーを利用する方法があります!

 

コインランドリーの「スニーカーランドリー」は大人の靴だったら2足、子供の靴だったら4足洗えます。

所要時間は20分、200円で洗えます!

コインランドリーだったら、気兼ねなく洗えますね。

この記事があなたの参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
洗濯
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました