チョコの溶かし方!湯煎とレンジでは味は違ってくる?どっちが簡単?

チョコレートを溶かすとき、湯煎とレンジどっちがいいのか悩みますよね。
また、できれば簡単なレンジで溶かしたいですが、美味しいのか気になります。

 

調べてみると、溶かし方で見た目や口どけなどもかわるそうです。
チョコレートは温度が大事なので、レンジで美味しく溶かすのは難しそうです。

 

今回は、湯煎とレンジの違いや、溶かし方などをご紹介します。

 

湯煎とレンジ!チョコを溶かす時はどっちがいい?どっちが美味しく出来る?

 

先ほどご紹介した通り、美味しくするには湯煎の方がいいでしょう。
チョコレートは温度管理が重要なので、温度変化が少ない湯煎がいいとされています。

 

しかし、湯煎で溶かすのは難しいですよね。
私も何度か失敗したことがあります…。

 

色々と見てみると、初心者の方はレンジでやった方がいい、という声もありました。
個人的にも、レンジの方が簡単なので、初心者の方や不器用な方はレンジをおすすめします
もちろん、料理に自信がある方は湯煎がいいでしょう。

 

チョコレートを溶かすときは、湯煎・レンジどちらの場合もレシピは必ず見て下さいね!
特にレンジは温めすぎると焦げることがあるので、注意してください。

 

チョコの溶かし方!湯煎とレンジの両方の方法を紹介!

湯煎での溶かし方

1、 キッチンペーパーの上でチョコを砕く
先にチョコを割ってから砕くと、砕きやすいです。
大体5ミリくらいまで砕いてください。

 

2、 ボウルを2つ用意して、溶かす
下のボウルにお湯(約50度)、上のボウルにチョコを入れて溶かします。
もちろん、チョコに直接お湯を入れるのはNGです。水分も入らないようにしてください。
全体的にトロっとしてきたら完成です。

 

レンジでの溶かし方

1、 湯煎の時を同じく、チョコを刻む

2、 耐熱ボウルにチョコを入れ、100g当たり500Wで50秒ほど加熱する
この時、チョコが溶け切ってなくても混ぜてみて下さい。(残った熱で溶けます)
もし溶け切らなかった場合は、5秒単位で加熱して混ぜて下さい。

自分に合う方法で、試してみて下さい♪

 

さいごに

 

湯煎とレンジの違いや、溶かし方などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

湯煎とレンジでは、見た目や口どけなどが変わってきます。
しかし、レンジだからといって不味くなるわけではありません。
湯煎は少し難しいので、初心者方はレンジで溶かしてみるといいでしょう。

 

チョコレートを溶かす際は、湯煎・レンジの方法を参考にしてみてください♪

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました