サバの水煮缶の臭いを消し去る方法!空き缶の臭いの取り方も紹介!

サバの水煮缶といえば、あの独特な臭いが気になりますよね…。

いくら美味しくても、あの臭いに耐えられない方、多いと思います。

私もサバの水煮缶は好きなのですが、臭いがどうもダメです…。

 

また、捨てる時の缶の臭いもどうにかしたいです。

いくら捨てるとは言え、ごみ全体に臭いが移るのは避けたいですよね。

 

今回はサバの水煮缶の臭みの取り方、缶の臭いの取り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

鯖の水煮缶の臭み取りの方法!魚臭さを取っておいしく調理!

鯖缶は、DHAやEPAが豊富に含まれているので、生活習慣病の予防に期待がもてます。

また、缶詰は骨まで食べることができるので、カルシウムの摂取もできる優れモノ。

値段も手ごろだし、ストックしとくといろいろ使えて便利です。

積極的に食べたいのですが、あの生臭いにおいが苦手という方へ

 

鯖の水煮缶の臭み取りは、とっても簡単な方法でできちゃいます。

それは、「ネギ」と「ショウガ」です。

ショウガはチューブタイプのものでも可。

 

ネギかショウガを使えば、あの独特な臭いを程よく中和してくれます。

 

それでは、鯖の水煮缶を使った調理法をご紹介します♪

 

材料

 

鯖の水煮缶 1缶、タマネギ 1/2、長ネギ 青い部分+白い部分、ショウガ 少々、

酒 50㏄、醬油 10~20㏄

 

作り方

1.長ネギ(白い部分)とショウガ、タマネギを細切りにする

2.鍋に長ネギ(青い部分)、ショウガ、タマネギ、鯖の水煮缶、酒を入れ、弱火で火を通す3.8~10分ほど蒸し焼きにする(焦げないようにしましょう)

4.タマネギがしんなりしてきたら、醬油を混ぜ合わせる

5.器に盛り、長ネギ(白い部分)をかけて完成!

 

長ネギとショウガを使った調理法なので、臭いは全く気になりません!

とても食べやすくなっていると思います。

他の調理にも応用できるので、試してみて下さい♪

 

スポンサーリンク

サバの水煮缶は空き缶も臭い!空き缶の臭いの取り方も伝授!

サバ缶をおいしく食べた後の空き缶

よく洗わないで放っておくと…大変なことになります(;^_^A

ほかの缶詰とは違う、独特のにおいがするので

きっちり処理しておきましょうね。

 

まずは残った汁の処理方法。

残った汁を流しに捨ててしまうと、排水口に臭いがつき、しばらくキッチンが臭います。

そのまま汁を捨てるのではなく、キッチンペーパーで汁を吸い取ってください。

それからビニール袋に入れて袋を縛り、生ゴミとして処理しましょう。

 

そして缶詰は、台所用洗剤を少し混ぜたお湯で洗い流してください。

その後、同じくビニール袋に入れて処理してください。

 

次におすすめなのが「重曹」です。

缶詰に重曹を振りかけると、消臭してくれます。

また、重曹は水分を吸収する効果もあるので、缶詰の臭い取りには特にいいでしょう。

 

臭いをゼロにしたい方は、カビキラーがおすすめ!

 

家に重曹がない、という方は、カビキラー又はキッチンハイターを使ってみて下さい。

缶詰にカビキラーを吹きかけて10分放置して水で流すだけでOK!

私は生ゴミの臭い対策でよくこの方法で臭いを消しているのですが、効果抜群!

個人的におすすめの方法です。

 

スポンサーリンク

さいごに

 

サバの水煮缶の臭みの取り方、缶の臭いの取り方をご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

サバの水煮缶を使って調理する際は、ネギorショウガを入れてください。

ダブルで使えば、更に臭いも気にならなくなると思います。

今まで臭いが気になって食べられなかった方も、美味しく食べられるでしょう。

 

使い終わった後の空き缶も、軽く流して重曹やカビキラーを使えば臭いが消えます。

それでも気になる場合は、ビニール袋に入れて縛ってからゴミ箱に入れてください。

 

サバの水煮缶の臭いが気になる方は、試してみて下さい♪

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました