妊娠中の妊婦のつらい腰痛!激痛を軽くする方法3つ!

妊娠中に約半数くらいの妊婦さんが経験する腰痛。妊娠初期の腰痛もありますが、妊娠後期のお腹が大きくなってきた頃の腰痛、ホント痛くてつらいです。

妊娠後期の妊婦さんが、腰痛になる原因と、症状を軽くする方法を紹介します!

妊婦が腰痛になる原因!

妊娠中の妊婦さんがかかえるトラブルに「腰痛」があります。

妊娠初期の頃の腰痛は、妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンの影響です。リラキシンが分泌されると、赤ちゃんが骨盤の中を通りやすくするために、骨盤のじん帯をゆるめ、それを支えようと骨盤まわりの筋肉が緊張することから、腰痛の原因になります。

妊娠初期の頃の腰痛は妊娠中期頃には徐々におさまっていくそうです。

妊娠初期に腰に激痛!ぎっくり腰のような痛みの原因や和らげる方法

 

妊娠後期は、お腹の赤ちゃんも大きくなってきて、妊婦さんのお腹も大きくせりだしてきます。

お腹が大きくなったことで、反り返る姿勢になり、腰に負担がかかり腰痛やぎっくり腰になったりします。

妊娠中はなかなか運動も出来ませんので、筋力も低下していることも、腰痛をおこす一因だといわれています。

 

妊娠後期の妊婦さんのつらい腰痛!

痛みをやわらげる方法を3つ紹介します。

 

妊婦の腰痛をやわらげる方法3つ!

妊婦さんの腰痛をやわらげる方法を紹介しますが、妊婦さんの身体はとってもデリケートですから、いずれの方法も体調と相談してやってみてくださいね。

 

①身体を温める

お風呂にお湯をはって、ゆっくり入浴します。

お湯の温度は高温にすると身体に負担がかかりますから、40度前後くらいにします。

身体の血行がよくなって、腰痛も和らいでいきます。

 

②運動する!

適度な運動は腰痛改善の効果が期待できます。

体調のよい時に、マタニティスイミングやマタニティヨガなどに参加するのもいいですし。

天気のいい日に近所をウォーキングするのも、お金もかからなくていいですね♬

 

ヨガの猫のポーズをやってみるのも、効果的です。

マタニティヨガを自宅で行うときは、かかりつけ医に相談してから行いましょう。

「猫のポーズ」は腰の張や背中の緊張をやわらげてくれる効果があるそうです。

 

③骨盤ベルトを装着する!

腰痛の時には、骨盤ベルトを装着すると腰の負担が軽くなります。妊婦さんには専用の骨盤ベルトがあって、なかでも「トコちゃんベルト2」は妊娠初期から使えるので、妊婦さんには人気があります。

 

身体の変化から起こる妊娠後期の腰痛ですが、産後半年くらいには大体の方が解消されているそうです。

無理せず、乗り切りましょうね!

 

 

スポンサーリンク
妊娠・出産
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました