彼氏にホワイトデーになにがいいか聞かれた時は?何でもいいじゃダメ?

バレンタインのあとのイベントと言えば、ホワイトデーですね。

彼氏や気になっている人に、何が欲しいと聞かれたとき、貴方ならなんて答えますか?

 

欲しいものをそのまま言うのは少し気後れしませんか?

でもあまり好ましくないものを貰っても困ってしまいますよね。

 

そんなひとのために、ここでは欲しいものをおねだりする方法をご紹介します!

 

彼氏に欲しいものを聞かれたらなんて答える?

 

バレンタインとは違って、ホワイトデーには何を返すのか決まっていません。

だからこそ彼は何をあげればいいのかわからず頭を悩ませています。

そこで、さりげなく欲しいものを伝えてあげましょう。

 

必需品の買い替え期を匂わせる

毎日使っているものの買い替え期をさりげなくアピールしてみましょう♬

 

例えばバックなら、「このバック、気に入ってたんだけど角が擦れてきちゃってそろそろ買い替え時かなぁ」などと何気ない時に呟いてみましょう。

 

男性は自分が贈った物を使ってくれているという事実が嬉しく、更に幸せを感じるみたいです。

必需品なら貰って嬉しくないなんてこともありませんし、これをあげて正解だったと男性も自信がつきます。

プレゼントをあげた時も、あげた後も幸せを感じられるのは必需品だからこそです!

 

誕生日やクリスマスなどではないので、ブランド物は少しがっつきすぎかもしれません。

日頃から「肩に駆けられるバックが好きなんだよね」などと使い勝手のいい形や素材、色などをさりげなく伝えておくのも、彼の参考になります。

 

彼の横でほしいものをスマホでチェックする

この方法は、なくても困らないけれど欲しいものをおねだりするときに有効です。

例えばアクセサリーなどですね。

既に持っているけれど欲しいものが他にもある場合です。

 

ダイレクトにおねだりするのも、彼に「これ可愛くない?」と見せるのもNGです!

ただでさえホワイトデー前で男性が敏感になっているのにそんな行為をしては、おねだりされている感が伝わってしまいます。

そういう部分は、男性にとって「本当に愛されているのだろうか」という不安感を抱かせてしまう可能性があります。

 

やはり自発的に相手の為にしてあげようという気持ちになってもらわなければいけません。

そんな時は、さりげなく彼の横でほしいものをスマホでチェックします。

彼に「それ欲しいの?」と聞かれたらもうこっちのものです。

 

でもここで「欲しい!」と言ってはいけません!!

「可愛いなと思ってるんだけど、ちょっと高いから…眺めて幸せな気分になってるの」くらいの言い回しをしましょう。

 

欲しくないものはあらかじめ遠回しに伝えておきましょう。

 

渡すものに困って、花束などを渡されることがありますが、正直そのあとのお世話が大変ですよね。

貰った時は嬉しいけど、枯れてしまうと何も残らないし…。

 

実際、花束をあげれば女性が喜ぶと思っている男性って多いんです。

好きな人からのプレゼントなら嬉しいですが、でも困ってしまいますよね。

そんな時は、何気ない時に「花束って可愛いけど、枯れちゃうと悲しいなぁ」などとさらっと伝えましょう。

欲しいものがない!わからない時の答えは?

 

聞かれても欲しいものが特に思い浮ばなかったら、無理にものをもらう必要はありません。

その代わり、「一日一緒にいたいな」や「〇〇に一緒に行きたい」などのおねだりをしてみましょう。

物ではなく彼との時間を時間を作ってもらうのです。

 

普通にデートするのもいいですが、お返しを一緒に選ぶデートでもいいかもしれませんね。

 

[quads id=1]

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

欲しいものをおねだりするときは、あまりがっつきすぎない様に注意が必要です。

あくまでさりげなくアピールして、自分の意思で決めてもらいましょう。

 

物でなく、時間をもらうのもいいでしょう。

一日デートする、なんてのもとてもいいと思います。

 

折角のホワイトデーですから、お互いに幸せな気分になる様な一日にしてくださいね(^^♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました