親のお下がりでもいい?雛人形を母から娘に代々受け継ぐのはアリ?

女の子が生まれた時に、初節句が近づくと雛人形の準備をしなきゃ!と

親はバタバタしてしまいますよね??

 

雛人形って高級なイメージがあるし、

誰が娘に贈るものなの?

どんな種類があるの?

 

わたしの雛人形があるけどこれって自分の子に受け継いでもいいのかな?

新しい雛人形を買ってあげたほうがいいのかな?

 

など考えてしまいますよね?

 

 

私も、娘が生まれた時に、自分の雛人形があったので、

これを家で飾ろうと思ったのですが、色々調べてみるとなんと!

 

「お祓いしなきゃいけない(*_*)!?」

「ママの雛人形は、ママが成人するとその役目をはたしてしまっている!?」

などなど色々出てきて・・・

 

「えーどうしよう(~_~;)」と悩んだ経験があります・・

 

そもそも雛人形ってなんのために飾るか知っていますか(^^)?

 

そこで今回!

 

・雛人形は新しいものを購入するべき?お下がりはダメなの?

・自分の雛人形を娘に受け継ぐ時の注意点!お祓いは必要?

 

など雛人形の準備で迷っている方に雛人形の色々をご紹介いたします!

 

雛人形は新しいものを購入するべき?お下がりはダメなの?

 

女の子が生まれ、初節句を迎える時、家に両家のご両親を招待して、

みんなでお祝いをすると思いますが・・・

 

その時に雛人形を飾りますよね。

雛人形ってなぜ飾るか知っていますか?

 

まずは雛人形の歴史からご紹介したいと思います!

 

雛人形は、中国の伝統が日本に伝わってきたものです

今では3月3日は桃の節句、ひな祭りとして行われていますが、

 

もともと、3月3日は上巳の節句(じょうしのせっく)と呼ばれ、

性別や年齢など関係なく、草やわらで作った人形を撫で、自分の穢れをうつし

その人形を川などに流し、厄を払う儀式を行ってきました。

これを「流し雛」といいます。

 

また3月は桃が咲く時期と重なることから

「桃の節句」と呼ばれるようになりました。

 

 

やがてその伝統が日本にその伝統が伝わります。

平安時代の日本では、貴族の中で、ひいな遊びと呼ばれる、

紙の人形遊びが流行ります。

 

このひいな遊びと流し雛が合わさって「ひな祭り」ができたと言われております。

 

江戸時代に人形作りの技術が向上し、雛人形を川などに流すのではなく飾るようになり、

女の子の健やかな成長を祝う「ひな祭り」が現代に受け継がれていると言われています

 

ここまでが、ひな人形の歴史になります。

 

では本題に戻ります!

この雛人形なのですが、女の子が生まれたらいつ買うのかというと

 

だいたいお正月が過ぎた1月上旬~1月中旬あたりから

お店やテレビなどのCMを見かけるようになるので、

このぐらいの時期から用意するのがベストかな(^^)?と思います!

 

だいたい2月の中旬までに用意するのが良いと思います。

では用意する際、誰が用意するなど決まっているのでしょうか?

 

一般的には、ママ側の祖父母が贈るなどという風習があるようです

それは昔の習慣が関係しているのです

 

昔は結婚すると、お婿さんの両親と同居することが多く、お嫁さんのご両親は

お嫁にいった娘に会いたくても中々会うことが難しかったと言われています

 

そこで、お祝いごとの際は、

お祝いの品を持って尋ねると、娘に会う良いきかっけになっていたとされています

 

それが現代のひな人形はお嫁さんの、ご両親が贈るといった形に繋がっていると

されています。

 

そういった背景から、ひな人形を用意するといった形になっていますので、

実際に!雛人形を用意する際は、ご両親と相談して、誰が用意するのか、

一緒に買うのかなどは各家庭で決めて良いのではないでしょう(^^)?

 

 

では次に、ひな人形はお下がりなど良いのか?についてご紹介したいと思います!

女の子が生まれた時に、ママのひな人形があるのだけど

これって娘に受け継いだらダメなのかな?って思いませんか?

 

私が実際そうだったのですが(^_^;)

 

 

雛人形について調べてみると

雛人形には厄除けの役割があるとされていて、

ママが成人になった時にその役目がおわるとされており

 

ひとりひとつの雛人形という風習が一般的だといわれています。

 

しかし中には、

親子で同じ雛人形を使いたいなどと考えている方もいるのではないでしょうか?

 

私自身は、親子で使っても良いと思います!

 

夫婦や双方のご両親とお話しをして、母親のお下がりでも良いよ!

というお話になれば使って良いと思います。

 

雛人形の歴史的背景を理解し、ひな人形の意味を理解し、

各家庭でどういった形で雛人形を用意するか話あって決めるのが良いかな(^^)?

と筆者は思います!

 

 

自分の雛人形を娘に受け継ぐ時の注意点!お祓いは必要?

 

では雛人形を受け継ぐ際にどういった注意が必要なのかどうかご紹介したいと思います!

 

さきほどもご紹介したように、もしママが使っていた雛人形を受け継ぐとなった場合、

双方のご両親の意見も聞いた方が良いと思います!

 

中には、女の子が生まれたら新しい物を買い与えたいと思っている場合や

そういった習慣がある地域もいるかもしれません

 

結婚すると自分たちだけでは決められないことが増えてくるので

夫婦と両家のご両親と相談してみてください!

 

 

次にお祓いなどが必要かどうかですが、

古くなった人形を処分などする際は、人形には魂がやどるということから

人形供養などお祓いをした方が良いとされていますが、

 

 

人形供養することは、この世からなくなる時に感謝の意味をこめて行うものなので

娘さんに受け継ぐ際は、お祓いの必要はないかと思います。

 

ただ、気持ち的にお祓いしたいなと感じた場合などは、

神社の神主さんとご相談して、お祓いをお願いするのも良いと思います。

 

[quads id=1]

まとめ

 

雛人形を用意するときにわたしの雛人形を子供にも受け継いでほしいな

と思う方もいらっしゃると思います。

 

雛人形のお下がりは決して悪いことではないので安心してください。

 

ひな祭りや、ひな人形の役割、各家庭での話合いのもと

自分の家庭にあった形でわたしは良いと思います(*^_^*)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました