幼児にテレビの見せすぎ注意!いまどきの幼児のテレビ事情とは?

現代に生きる人にとって、テレビは当たり前の存在となっています。

それは大人だけではなく、子供にとってもそうですよね。

 

しかし、テレビは楽しいだけの時間だけではなく、悪影響も考えられます。

これからの成長のためにも、どういった悪影響があるのか知りたいですよね。

また、どのような対処法があるのかも気になります。

 

今回は、幼児がテレビを見すぎることでの悪影響や、見せ方などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

幼児がテレビを見すぎることの悪影響は?

テレビは子供も夢中になる楽しい時間の一つです。

 

子供がテレビを見ておとなしくしてくれていると、ママの家事がはかどりますよね。

私もついつい教育テレビをつけっぱなしにすることがあります^^;

 

テレビを見ること自体が悪、という訳ではありませんが・・・見すぎるのはNGです。

一体どのような影響があるのか、ご紹介します。

 

言語発達の遅れになる場合がある

 

日本小児科学会の発表で、2歳未満の子供が長時間テレビを視聴することで、

言語発達の遅れの原因になってしまう場合がある、と言われています。

テレビを長時間視聴することで、親との会話が減るため、だそうです。

 

視力が低下する場合がある

 

長時間テレビを視聴することで、

電磁波の影響、緊張状態が続くため視力が低下してしまう場合があります。

 

また、テレビから離れたところで座らせていても、子供って夢中になると前に前に出ていっちゃいますよね。

近くで視ることでも視力の低下を招いてしまいます。

 

睡眠不足になってしまう場合がある

 

テレビやスマホ、タブレットを見すぎることで交感神経が刺激され、

睡眠不足になってしまう場合があります。

その他にも睡眠の質の低下にも繋がる可能性があります。

 

テレビシーンでの影響

 

暴力シーンが多ければ暴力的に、

言葉遣いが悪ければ言葉遣いに影響されることがあります。

テレビを見せる時は、子供の年齢に合ったものを見せた方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

幼児のテレビの見せ方には工夫が必要!

幼児にテレビを視せすぎた時の影響、結構ありますね(・・;

不安になった方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。

 

先ほどご紹介した通り、テレビを見るときもルールがあれば、問題ありませんよ。

ということで、テレビの見せ方についてご紹介します。

 

1日中テレビをつけっぱなしにしない

 

テレビをつけっぱなしにすることで、家族とのコミュニケーションが減ってしまいます。

見たい番組、見せたい番組だけをつけるようにしましょう。

 

テレビを見る時間を決める

 

視聴時間の管理以外にも、食事中はテレビを見せないなどのルールを作りましょう。

きっちりと時間をきめることで、行動もしやすくなるでしょう。

 

ヒーローやヒロインものはあまり見せないようにする

 

子供は良くも悪くも影響されやすいので、戦いシーンのある番組は避けましょう。

戦いものは暴力シーンも多く、幼児だとよりマネしてしまう子が多いです。

暴力を正当化すのを避けるためにも、番組選びには慎重になったほうがいいと思います。

 

とはいえ、友達が視ていると視たくなっちゃうんですよね。

大人でも友達がみんなハマってるドラマは視ておかないと、話題についていけませんよね。

子供も一緒だと思います。

あまり、神経質になって制限しすぎるのも考えものですよね。

 

スポンサーリンク

さいごに

 

幼児がテレビを見すぎることでの悪影響や、見せ方などをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

長時間のテレビ視聴は、言語発達の遅れ、睡眠不足、視力低下の恐れがあります。

また、テレビの内容でも影響を受けやすいので、

長時間の視聴や番組選びには気を付けた方がいいでしょう。

 

とは言え、テレビは「悪」ではありません。

テレビを見せることによって勉強にもなることがあるので、極端に考えすぎないようにして下さい。

 

テレビを見る時は、ある程度ルールを作って楽しく見ましょう!

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました