さわらは妊娠中に食べてもいいの?妊娠中食べない方がいい魚の種類は?

元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中は食事に気を付けなければなりません。

中でも魚介類は水銀が含まれるため、特に注意が必要となります。

 

もちろん食べても問題ない魚介類もあります。

ですが、今回調べてみた「さわら」は食べ過ぎに注意したほうがいいことがわかりました。

 

それでは、妊娠中に食べていい魚などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

妊娠中、さわらは食べても大丈夫?刺身でもOK?

妊娠中は食べるものにも気をつかいます。

あまり神経質になりすぎてもいけませんが・・・

 

妊娠中は、魚介類に含まれる「メチル水銀」に気を付けなければなりません。

海中の中にわずかに含まれているため、海に住んでいる魚介類などに蓄積されます。

 

メチル水銀は食物連鎖の上に立つ大きい魚の方が濃度が高くなります。

さわらは魚の中でも大型なので、メチル水銀の濃度が高いです。

毎日食べなければ問題ありませんが、日々摂取するのは避けた方がいいでしょう。

 

メチル水銀の胎児への影響は?

 

神経系の障害、脳、張力、視力、言語能力、注意力の低下などがあります。

基本的には食べても排出できるため、食べ過ぎなければ問題はありません。

ただし、胎児には排出機能がないため、控えるのをおすすめします。

 

また、授乳中については、影響がほとんどないと言われています。

むしろ魚には様々な栄養素が豊富に含まれているので、完全NGにする必要はありません。

 

スポンサーリンク

妊娠中食べていい魚と食べてはいけない魚は?

 

魚介類は妊娠中に完全NGというわけではありません。

摂取量さえ気を付ければ、食べても問題ありませんよ♪

ということで、食べてもいい魚、気を付ける摂取量などをご紹介します。

 

妊娠中に食べても大丈夫な魚介類

 

イワシ、アジ、マス、サーモン、さんま、にしん、サバ、カツオ、鯛

ツナ缶、キハダマグロ、メジマグロ、びんちょう鮪

カキ、ホタテ、ウニ、ムール貝、エビ、カニ

 

こちらは摂取量気にすることとなく食べられる魚介類です♪

普段食べることが多いものばかりなので、制限も少なそうですね~!

 

注意した方がいい魚介類

 

サワラ、スズキ、メカジキ、メバチマグロ、本マグロ(1人前80g、週1回以下)

金目鯛、ブリ、タラ、マカジキ、ミナミマグロ(1人前80g、週2回まで)

 

これらの魚介類は、上記にある摂取量を守った方が良さそうです。

週による摂取量もあるので、チェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

妊娠中に魚介類を摂取する際の注意点は?

 

・魚介類を食べる時は、「新鮮」なものを食べよう(選ぼう)

 

スーパーで買う時は、日付や魚の状態をしっかりと見て鮮度を確認して下さい。

目の濁り、腹部の弾力、ツヤ、エラの色など。

 

・貝類はしっかりと火を通す

特に生カキは当たりやすいので、しっかりと火を通して予防して下さい。

 

・魚卵にも注意!

 

魚卵には、塩分が多く含まれています。

妊娠中は塩分にも気を付けれければならないので、避けた方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

さいごに

 

妊娠中に食べてもいい魚などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

妊娠中でも魚介類は食べたいものですよね。

ですが、ご紹介した通り全てを我慢する必要はありません!

 

基本的には摂取量を守れば、どの魚も食べることが出来ます。

メチル水銀が気になる方は、しっかりと摂取量を確認して下さいね。

 

妊娠中の方は、是非参考にしてみて下さい♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました