茶碗蒸しの正しい食べ方と蓋のマナーは?意外な食べ方にビックリ?

食事をする時のマナーは様々なものがあり、正直覚えきれないほどです…。
また、正しい食べ方、なんていうのもあって何だか難しいですよね。

 

中でも、皆さんは「茶碗蒸し」の正しい食べ方をご存知でしょうか?
茶碗蒸しに食べ方やマナーがあるの!?とビックリしますよね。
茶碗蒸しは食べる機会も多いので、覚えて置いて損はないでしょう。

 

今回は、茶碗蒸しの正しい食べ方や食べる時・食べた後の蓋についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

知らなかった?!茶碗蒸しの正しい食べ方!

 

現代では、スプーンがあるため、
スプーンで一口ごとすくって食べるのがマナーとされています。
もちろん、決して混ぜて食べるようなことはしてはいけません。

 

しかし、まだスプーンがなかった時代は、箸で茶碗蒸しを食べていました。
箸なので、もちろんすくって食べることはできません。
そこで昔の人たちは、茶碗蒸しを箸で崩して汁物としてすすって食べていました。

 

確かにスプーンがなければ、一口ずつ食べられませんからね…。
崩してすすって食べるもの、仕方ないと思います。

 

茶碗蒸しの起源について

ちなみに茶碗蒸しの起源は1689年~に、唐人(中国・朝鮮の人)から伝えられたものです。
場所は現在の長崎県長崎市、そこに唐人屋敷があり、誕生したそうです。

 

そして、その茶碗蒸しを気に入ったのが、伊予松山の藩士である吉田宗吉信武であると言われており、その後専門店も出来たそうです。

 

スポンサーリンク

茶碗蒸しを食べる時、食べた後の蓋はどうする?

茶碗蒸しの蓋のマナーについてご紹介します。

 

茶碗蒸しを食べる時、

蓋は裏についた水滴をこぼさないように、裏返しで開けます。
蓋を裏返しであけたら、そのまま右側に置いてください。
また、食べ終わった後は元の状態に戻しましょう。

 

蓋をもたれさせるように置いている方がいますが、マナーとしてはNGです。
裏返して置くのがマナーなので、覚えておきましょう。

 

ちなみに、汁椀やうな重の蓋なども、裏返しで置くのがマナーとなっています。
うな重の場合でテーブルが狭いときは、お重の下に置くのもOKだそうです。

お手軽茶碗蒸しレシピ

茶碗蒸しといえば、敷居が高いように感じますが、お家でも簡単に作れちゃいます♪

~材料~

卵       2個
水       400㏄
塩コショウ   少々
うどんだしの素 1袋
枝豆      10粒くらい
銀杏      6粒くらい
かまぼこ    4枚くらい
白身魚     1切れくらい
ほうれん草   30gくらい
ニンジン    30gくらい

1、 卵、水、塩コショウ、うどんだしの素を良く混ぜ合わせる
2、 中に入れる具材をカットしておき、ボイルする(具材はお好みで)
3、 卵の汁と材料を投入する(湯吞みなどでもOK)
4、 ラップをしたら、600wのレンジで3~4分加熱して完成。
(固まっていない場合は数分追加で加熱する)

 

うどんだしの素を使うのでお手軽ですね。

まさかレンジでこんなにも簡単にできるのはビックリです♪

是非参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク

さいごに

茶碗蒸しの正しい食べ方や食べる時・食べた後の蓋についてご紹介しましたが、
いかがでしたか?

 

茶碗蒸しの正しい食べ方は、現代と昔では違うことがわかりました。
今となっては箸で混ぜて食べるのは考えられませんよね。
スプーンが浸透して良かったです…。笑

 

また、食べる時の蓋は裏返して右側に、食べ終わったら元通りにしてください。
マナーを一つ知ることで、大人気分ですね!

茶碗蒸しの正しい食べ方やマナーを知りたい方は、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました