日焼け止めに化粧水や乳液を混ぜるのはアリ?メリット・デメリットは?

日差しが強くなってくる時期になると、紫外線対策が必須となります。

女性にとっては、紫外線は敵ですよね…。

 

そこで欠かせないのが、日焼け止めです。

しかし、毎日日焼け止めを使うと、お肌にも悪く、乾燥も気になりますよね。

 

乾燥を防ぐための方法として、

化粧水や乳液を混ぜるというものを見つけたのですが、実際どうなのでしょうか?

 

今回は、日焼け止めに化粧水や乳液を混ぜても大丈夫なのか調べてみました!

その他にも、BBクリームや他の日焼け止めを混ぜて使うとどうなるのか、まとめました♪

 

スポンサーリンク

日焼け止めに化粧水や乳液を混ぜて使っても大丈夫?

結論から言うと、日焼け止めに化粧水や乳液を混ぜて使っても大丈夫かについては、

「お肌の強さ」によるものなので、何とも言えません…。

 

と言うのも、化粧水や乳液は日焼け止めとは別物です。

混ぜ合わせることはできるのですが、成分が違うのでお肌への影響は人それぞれです。

 

特にお肌の弱い方は、何かしらの影響を受けてしまうかもしれません。

 

また、化粧水や乳液を混ぜてしまうとUV効果などが薄れてしまい、

期待しているほどの紫外線対策ができない場合もあります。

 

なので、日焼け止めの効果を十分に発揮したい、という方にはあまりおすすめできません。

 

しかし、メリットともあります。

化粧水や乳液と混ぜることによって、伸びが良くなり塗りやすくなります。

日焼け止めを少量に済ませることもできるので、節約にもなるでしょう。

 

その他にも、保湿力も高まるので、乾燥が気になる方にはいいかもしれませんね。

 

個人的には、メリットデメリットを考えて、混ぜないほうがいいのかなと思います。

お肌に何か起きてからでは治す方が難しいですし、成分を見比べるのも大変です…。

 

乾燥が気になるのであれば、保湿力の高い日焼け止めを購入するほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

日焼け止めにBBクリームや他の日焼け止めを混ぜて使うのはアリ?

 

BBクリームについては、

化粧水や乳液と同じく混ぜることはできますが、成分同士がどうなるかわかりません。

 

私は下地に日焼け止め、上からBBクリームを塗るようにしていますが、

混ぜるよりは化粧ヨレが少ないかな~と感じます。

 

とは言え、これも個人差があるので、まずは試してみてるのもいいかもしれませんね。

私はあまりおすすめできませんが…。

 

そして日焼け止めに他の日焼け止めを混ぜるとどうなるのか…についてですが、

日焼け止めの種類にも、成分によって効果が異なります。

 

そうすると、分離が起きたり粘土が変化したり、お肌に影響を及ぼしてしまったり…。

そういった可能性が考えられるため、こちらもおすすめできません。

 

日焼け止めに関しては、決まったものを一つだけ使うようにしましょう。

 

こうして化粧水、乳液、BBクリーム、他の日焼け止めを見比べてみても、

混ぜて使うのは辞めた方がいいのかな、と思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

基本的に日焼け止めには、何か混ぜて使うのはおすすめできません。

 

まずは化粧水→乳液→日焼け止め→BBクリーム、など順番に使うのは構いませんが、

混ぜてしまうと効果が発揮しなかったり、お肌へのダメージに繋がることもあります。

 

日焼け止めを使う際は、単体で使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました