夏休みの宿題!血液型がテーマの自由研究のまとめ方(小学生)

小学校の自由研究、親子ともども毎年頭を悩まされますよね(^^;)

社会、理科の実験、家庭科などからテーマを選びます。

なかでも今回は、「血液型」の自由研究を選んだ方へ、研究のヒントを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

血液型の自由研究のまとめ方

画用紙やレポート用紙にまとめていきますが。

このようなことを書いていけばいいと思います。

 

①テーマ(題名・タイトル)

②このテーマを選んだきっかけ

例えば・・・

・血液型に興味があったから

・疑問があったから

など、どうしてこのテーマを選んだのか書いていきましょう。

 

③研究の方法と内容

何をどんな風にして調べたのかを書きます。

図書館、インターネット、人に聞いたなど

 

④研究の結果

絵や図、写真を交えれば、わかりやすく伝えることができます。

 

⑤感想

調べる前に自分が予想していたのと、結果は同じだったのか違っていたのか。

こうしたらよかったという反省点。

思ったこと感じたことなど率直な感想をまとめます。

 

こんな感じで書いていきましょう。

 

スポンサーリンク

血液型の自由研究で調べる内容

小学校の自由研究で、血液型について調べるのでしたら、こんなことを調べるといいと思います。

 

・血液型分布

日本の分布・・・A型38%、O型31%、B型22%、AB型9%

国別の血液型分布・・・O型が多い国、A型が多い国など

日本の都道府県・・・B型が多い県、A型が多い県など

 

・動物の血液型

ゴリラはB型が多い、豚はA型が多い、カエルはほとんどがAB型など

いろんな動物の血液型を調べてみましょう。

意外ですが、植物にも血液型があるようです。

 

・血液型の種類

ABO型以外、他にあるのか?

特殊な血液型はあるのか?

 

・どの血液型が生まれるか組み合わせ

親の血液型で子どもの血液型は決まってきます。

家族の血液型を聞いてみたり、

お盆などで親戚が集まった時に、みんなの血液型を聞いて、家系図をつくってみてもおもしろいですね。

 

A×A→AかO
A×B→AかBかOかAB
A×O→AかO
A×AB→AかBかAB
B×B→BかO
B×O→BかO
B×AB→AかBかAB
O×O→O
O×AB→AかB
AB×AB→AかBかAB

 

※血液型による性格診断もありますが、科学的な根拠がないといわれていますので、自由研究には向かないと思います。

 

スポンサーリンク

さいごに

 

以上、小学生の血液型の自由研究のやり方について紹介しました。

1,2日くらいで仕上がると思いますので、サクッと終わらせて、

残りの夏休み、楽しく過ごしましょう(*^-^*)

 

夏休みの自由研究!消しゴムの作り方や研究のヒントを紹介!

 

簡単!小学4年生の女の子におすすめの自由研究を紹介!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました