蛍の光るタイミングはいつ?鑑賞する時間帯やマナーを解説!

夏にといえば、ホタル!

夏の夜に見る蛍は、とても美しく見とれてしまいますよね。

 

お子さんと蛍鑑賞を考えている方は、時間帯やマナーなど気になるでしょう。

私も小さい頃に見た記憶がありますが、特に時間も気にせず見に行ってしまったので、

あまり期待しているほど見られなかったような気がします…。

 

今回は、蛍の光るタイミングや適切な時間帯、鑑賞の際のマナーなどをご紹介します♪

 

スポンサーリンク

蛍の光るタイミングや最適な時間帯は?

蛍の光るタイミングを知る前に、まず何故ホタルが光るのかをご説明いたします。

 

蛍が光るのは、求愛行動のためです。

簡単に言うと、男女のコミュニケーションですね。

 

オスとメス、どちらが光るかと言うと「メス」の蛍が点灯しています。

メスはオスに「ここにいるよ」とアピールしています。

 

もちろんオスも点灯しながらメスの方に飛んでいくのですが、

点灯しながら飛び回っているので見つけにくいです…。

ちなみにオスは群れで行動し、点灯したり、光を消したり…を繰り返すそうですよ。

 

そのため、蛍の光るタイミングは、「発情期」と言ってもいいでしょう。

詳しい時期については、4月下旬~9月くらいまで。

ピークは6月~7月となります。(蛍の種類にもよります。)

 

蛍の光る時間帯について

 

蛍の光る時間帯は、日没~午後7時半ごろ~ピークは午後9時ごろ。

なので、午後8時~9時ごろまでにその場に行けば、たくさん見られると思います♪

 

先ほどもご紹介した通り、蛍の種類によっても多少異なるので、

スポットがあるのであれば、どんな蛍がいるのか確認しておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

蛍鑑賞の気を付けるマナーは?

 

蛍観賞する際のマナーについてご紹介します。

 

  • ライトは禁物

 

蛍は強い光を嫌い、光があると蛍が点灯しない場合があります。

できるだけで「真っ暗」な状態にしてあげてください。

 

  • 蛍がいる草むらなどには入らない

 

むやみに草むらなどに入ってしまうと、蛍を踏んでしまうことがあります。

私たちも土足で家に上がられるのは嫌ですよね。

蛍のことを思い行動しましょう。

 

  • 蛍を捕まえるのはNG

 

蛍の寿命はとても短く、数日しか生きられません。

持ち帰ってもどうこうできるわけでもないので、自由にさせてあげましょう。

 

  • 静かに蛍観賞をしよう

 

蛍が生息している地域は静かな場所が多いです。

うるさくすると蛍も可哀想ですし、近隣住民などにも迷惑がかかってしまいます。

 

  • 虫よけスプレーはNG

 

当たり前ですが、虫よけスプレーはNGです。

蛍も虫なので、虫よけスプレーはしないようにしてください。

 

また、鑑賞の際は以下にご注意ください。

 

・蛍発生地内では、車のライトをつけないようにしてください。

・同じくハザードランプの点灯は避けましょう。

・写真撮影の際は、ストロボを焚くのは避けましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

蛍の光るタイミングのピークは6月~7月です。

時間帯は、8時~9時くらいが一番キレイに見られると思います♪

 

また、蛍を鑑賞する際は、上記にあるマナーや注意点などに気を付けてくださいね。

それでは、家族で蛍観賞をし、素敵な思い出にしてください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました